サイタ趣味の習い事漫画描き方教室 東京 描いてみよう漫画入門 レッスンノート 《体験レッスン》ペンタブレット(iPadなど)紹介と実演、瞳のハイライトの描き方など

《体験レッスン》ペンタブレット(iPadなど)紹介と実演、瞳のハイライトの描き方など

漫画描き方教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

普段毎日積極的にスケッチブックにイラストを描かれている生徒さん!
「ペンタブレットでイラストを描けるようになりたい」とのことで、まずは絵を描くレッスンで実際に使えるペンタブレット(iPadなど)の紹介をしました。
また実際にiPadPROを使って試し書きなどをして頂きました。
生徒さんが普段使われているソフトは「CLIP STUDIO 」。自分のiPadPROに「CLIP STUDIO 」が入っているので、簡単ですが実演と、試し描きをして頂きました。

ポイント
★ペンの設定で「合成モード」(効果エフェクトの設定)を調整して、瞳のハイライトを描く。
★「合成モード」には「加算」「加算(発光)」「覆い焼き」ほかいろいろモードがあるので、自分の好きな効果を探してみましょう。
★ブラシ系だけではなくGペン、丸ペンなどのペン先でも、ペンの設定(ウィンドウ右下のスパナのマーク)から「合成モード」を設定できる。どんどん試し描きをして効果を実験してみましょう。
★「CLIP STUDIO 」はクラウドを通してタブレットとパソコンでデータのやり取りができるので、レッスンで描いたものを家に持ち帰って復習することも可能。

目的・種類別に漫画描き方教室・学校を探す

新着レッスンノート

ネームの添削とポイント解説。 物語の進行は、ただ流れを描くのではなく、その隙間にキャラクターの心情がどのように動いてるかを描くことが重要。 それにより、読者が自分のことのように物語世界に感情移入できるようになります。

ネームを描く作業は、漫画の中である意味絵以上に時間と神経を使う工程です。 いくら絵がうまくてもネームがちゃんと出来てないと漫画としての価値はかなり落ちてしまいます。 いっぱい描くことが上達の道ですが、最低限の鉄則があり、それを守ることが大事です。

生徒さんが書いたプロットから、どうやってネームをイメージするか実演。そこからシーンやセリフをまとめるポイントなどを解説しました。

簡単にLINEスタンプを作れる手順をレッスンしました。

今まで書き上げたいくつかのプロット草案から出来ることは、統合して見えてくるキャラクター像をつかむということです。 より具体的にキャラクター像が見えてきた感じがします。 しかし課題は、このプロットをどうやって漫画にするか、という話です。 近年、新人賞の中に原作賞のようなものがあるので、...

レッスンノート ページ先頭へ