サイタ趣味の習い事漫画描き方教室レッスンノート 世界観がなんとなく見えてきた気がします。

世界観がなんとなく見えてきた気がします。

漫画描き方教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

課題の評価:
・手の絵
 簡略化した手ですが、これくらい描ければ十分成立します。
 手は立体的で複雑なので手を焼くかもしれませんが、
 何パターンか覚えておけばなんとかなります。

・キャラクター表 主要キャラ
 漫画の設定の中心にいるキャラなので、しっかり考えていただきました。
 このキャラがストーリーのナビゲーターになる可能性が高そうです。
 このキャラと主人公がどうからみ、どうストーリーを引っ張っていくかまで考ると、
 より具体化していくと思います。

・ストーリーチェック表の追記
 細かいところを埋めていただきました。
 今回のお話には出てこないところかもしれませんが、
 出てくるなら主人公の行動原理に関わるような所かもしれません。



手の描き方:
まず骨格を理解していただきました。
指の長さ、角度、ブロックでまず考えましょう。

コマ割りの基本:
状況を分からせるためにまず「引き」の絵を見せてからキャラのアップを見せる。
「引き」「寄り」「引き」「寄り」を繰り返すと窮屈じゃない画面構成になります。
左ページの最後のコマは「めくり」と言って、
読者にページをめくりたいと思わせるような描き方をします。
めくりのコマのコツは、
セリフや動作や状況の途中で切ってあげて、次が気になるような終わり方にすることです。



ストーリーや事件、トリックはまだ決まっていませんが、
主要キャラが固まり始めたことで、
なんとなくこの漫画の全容が頭の中に浮かんでき始めたのではないでしょうか^^
このレッスンノートを書いたコーチ

ジャンプ連載のアシスタントも!独自のテキストで手厚く指導。業界裏話まで

漫画原稿添削レクチャー
浅上えっそ (漫画)

品川・横浜・渋谷・新宿・池袋・溝の口・稲田堤・新横浜・長津田・町田・相模大野・中央林...

レッスンノート ページ先頭へ

漫画情報

サイタの漫画講師がブログを通して、漫画情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!