サイタ音楽教室クラリネット教室 埼玉 片桐クラリネット教室 レッスンノート 本日のレッスン

本日のレッスン

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。

今日が初めてのレッスンでしたが、緊張した様子もなく、堂々と吹いてくれましたね。

レッスンの内容は、最初にメトロノームに合わせて音出し、部活でやっている基礎練習をやりました。

ロングトーンを吹いているときには、息をたくさん吸って、その吸った息が肋骨の中にある肺に入って、音を出すときはお腹にある横隔膜(おうかくまく)でしっかり支えながら息を吐いて音を出すようにしましょう。

アンブッシャーはそれ程悪くないと思いましたが、前歯をマウスピースに当てる位置が、ほんの少し浅いかなと、思いました。
もう少しだけ深めでもいいかもしれません。
くわえ方が浅いと音色も浅くなってしまいます。

それと、顔をまっすぐ前に向けてみましょう。
いつもではないようですが、時々顔がうつむいてしまうようです。
うつむきがちになると音も下向きにちょっと気をつけてみましょう。

それと、部活でやっている基礎練習は、吹きながらだんだん音の勢いが弱くなってしまうようなので、クレッシェンドをかけるようなつもりで、息をどんどん送り込みながら吹きましょう。

部活でみんなと基礎練習する時も、このことに気をつけながらやってみましょう。

それと、ブレスの位置も気をつけてみましょう。
ブレスも音楽の一部と考えて、音楽的な流れの自然な位置で吸うようにしましょう。

部活の基礎練習の譜面だったら、テンポがゆっくりだったら2小節ごとに、テンポが速めだったら4小節ごとにブレスしましょう。

以上のことに気をつけて、部活で練習してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

コンサート出演多数!初心者には楽譜の読み方から丁寧に、上達をサポート

新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした。 今日はいつも以上に音がしっかりと響いていましたね。 音はとてもデリケートで、アンブシュアとか息の勢い、体の状態などがちょうどいい具合にバランスが取れている時に良く響いてくれます。 そのバランスが崩れると、音が裏返ったりうわずったりしてしまいます。 ス...

レッスンお疲れさまでした 今日は曲の仕上げを中心にやりました。 メトロノームに合わせるよりも、カラオケの伴奏の方が合わせやすく感じると思います。 なにより、楽しいですよね。 練習の時にメトロノームでしっかり合わせるように練習しておくと、カラオケ伴奏に楽に合わせられるようになりますの...

レッスンお疲れさまでした。 今日は最初のうちはちょっと吹きづらそうでしたが、リードを変えたら普段のように吹けましたね。 人の体は毎日全く同じ状態ではありません。その日によって自分が吹きやすいと感じるリードも変わります。 また、リードも気温や湿度その他環境の影響を受けて状態が変わる...

レッスンお疲れさまでした。 グングン上達されていますね。私も嬉しいです。 レッスン中に手の体操を少しやりましたが、練習を始める前とか、夜寝る前や朝起きたときなどに少しで良いのでやってみてください。 数ヶ月続けてみれば、少し変わってくると思いますよ。 スケールは新しく下る型を...

レッスンお疲れさまでした。 新型コロナの影響で少し間が空きましたが、よく練習されていましたね。 高音の安定感が増してきました。今の調子でさらに練習を続けてください。 スケールの高いレが上手く出ないとのことでしたが 、指使いが違っているだけでしたね。左の中指を押さえ忘れていた...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta