サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

初見の練習
●新しい楽譜を読む練習をやりました。
新しい楽譜を読むコツがいくつかあります。
コツをつかむと、新しい楽譜もすぐに読めるようになってきますので、練習して慣れていきましょう。


●リズム
どんなリズムがあるのか、どこが難しそうかな?と全体を見渡して難しいところを見つけてみましょう。

難しいリズムは、一拍目がここ、2拍目がここ、と、拍の頭をまず見つけます。
タイの関係などで、拍の頭が見つけにくいところがありますが、その場合は分かるところから見つけて推理してみましょう。タイを取って考えると見つけやすいですね。

混み合っているリズムは例えば8分音符単位に分解して考えると分かりやすくなってきます。

●音程
隣同士の音程は順番に登ったり降りたりして見れば大丈夫ですよね、
一段飛ばしになっているところは、例えば「ドミソ」や「レファラ」と一段飛ばしの音程を言い慣れていれば読むのも早くなってきます。

時々一段飛ばしと、隣の音が次々と出てくるので気をつけて見てください

●調号に注意
今、何調を演奏しているのが気をつけて、#や♭を落とさないように気をつけてみましょう。
分からなくなったら、左端のト音記号の隣の#や♭をチラッとチェックします。

●リズムをしゃべる
四分音符を手で叩いて、リズムをしゃべる練習をやりました。
リズムをしゃべっても、手の叩きかたが変わらないように一定のテンポで手拍子することに慣れてみてくださいね
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 引き続き大変な調でしたが健闘されていました。 高い音の動きを部分的にチェックして、2音の動き、一つ前から3音の動きと、余裕が出るように動きに慣れて吹けるようになりました。 7番は指の動きに気を配って滑らかに吹けました。 ●教則本 跳躍の曲ですが、跳躍の終わりの音を真っ...

●ロングトーン ロングトーンをやって息の流れをしっかり作ってウォーミングアップしました。 太くたっぷり吹いてリードの様子、口の状態を確認しながらロングトーンしました。 ●音階 少しずつ慣れてこられたようで、滑らかな動きになってきました。 アーティキュレーションをつけて吹き、より均...

●音階 一息で1番吹けました。 若干、高音ではひっくり返りやすいご様子でしたので、0スタートをやったり、リードミス大会をわざとやり、アンブシュアの柔軟性を確認しました。 少し苦しそうに感じましたので、リードを変えて調整してみました。 ロングトーンで息の流れを確認することも大切か...

●音階 色々な調を吹きました。 ♭の調ですが、運指それぞれに気をつけながら吹かれていました。 高い音に挑戦も、よくされていましたが、高い音は「ソソ#ラ」をやるとツボを見つけやすくなりますので、こちらに良く慣れてから上の音を目指してみてください その後は少し低い音も綺麗に鳴ってきま...

●ロングトーン ・「ソの音8拍」 音が出るタイミング、キープできているか、吹き終わる時など、考えることは実は沢山あるのですが、好きな音色で吹けているかを最注目して吹いてみてください ・「2音を4拍ずつつなげて」 隣の音に寄り添うように、息をつなげてみてください。 ・「レジスターキー...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta