サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●音階
滑らかに吹かれていました、マウスピースが変わった分か、少しリードが軽いように思いました。
教則本ではちょうど良い感じもしましたので、これから様子を見ていきましょう。
息の支えが欲しい場合はあと少し抵抗のあるリードにしても良いかなと思いました。

●クレプシュ
複雑な調にも慣れてきたように思います。
少しテンポを落として確実になりました。

●教則本
単純な拍の時に少しテンポが速くなってしまうのが惜しい感じでした。
長い音の時は心の中で裏拍をカウントして、その中で音楽が向かったり、収まったりしてみましょう。

細かい動きの確認をしてあと一曲になりました。

こちらは中盤以降が特に難しくなりますので、繰り返し頑張ってみてください。
ゆっくり練習されている時にアーティキュレーションした発音の質を確認しながらテンポup目指してください♪
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階など 新型アンブシュアで音の出しやすいポイント、出しにくい感じの研究をしました。 高音域、伸びやかに吹けていて驚きました。 低い音域には切り替えるのか、そのままいくのか、これから研究して参りましょう。 ●高い音域の指は随分慣れてこられたご様子でした。 下顎の筋肉の使い方も、...

●音階 引き続き大変な調でしたが健闘されていました。 高い音の動きを部分的にチェックして、2音の動き、一つ前から3音の動きと、余裕が出るように動きに慣れて吹けるようになりました。 7番は指の動きに気を配って滑らかに吹けました。 ●教則本 跳躍の曲ですが、跳躍の終わりの音を真っ...

●ロングトーン ロングトーンをやって息の流れをしっかり作ってウォーミングアップしました。 太くたっぷり吹いてリードの様子、口の状態を確認しながらロングトーンしました。 ●音階 少しずつ慣れてこられたようで、滑らかな動きになってきました。 アーティキュレーションをつけて吹き、より均...

●音階 一息で1番吹けました。 若干、高音ではひっくり返りやすいご様子でしたので、0スタートをやったり、リードミス大会をわざとやり、アンブシュアの柔軟性を確認しました。 少し苦しそうに感じましたので、リードを変えて調整してみました。 ロングトーンで息の流れを確認することも大切か...

●音階 色々な調を吹きました。 ♭の調ですが、運指それぞれに気をつけながら吹かれていました。 高い音に挑戦も、よくされていましたが、高い音は「ソソ#ラ」をやるとツボを見つけやすくなりますので、こちらに良く慣れてから上の音を目指してみてください その後は少し低い音も綺麗に鳴ってきま...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta