サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート バスクラリネットレッスン♪

バスクラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●音階
やり易い音階と、指がまだ慣れていない音階があります。
練習をはじめた期間が違う事と、進むにつれて難しい調になってきておりますので、新しい調の方が練習は必要のように思われますので頑張りましょう♪

特に中音域の小指の使い方とその近辺の音との動きと、三小節目から下降するときが難しくなるように思いました。
例えば、一小節目から吹き始めて途中でつっかえた場合は、下降から練習してみるのも良いかと思います。

前の調の♭#を引き継いでしまう場合もあるので
(臨時記号では#は付いてしまいますが)、
♭の長調→短調、→#系の長調→短調という練習順でも善いですね。

次回のレッスンでも試してみたいと思います

●教則本
オプションの練習がとても大切なので前回に引き続きまして練習してみました。

複数の指を指を同時に動かす善い練習が出来ております。
今からその感覚を身に付けておくことがとても大切かと思います♪
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 新しい教則本に入りました。 一段目はまずはスラーから、他のものはタンギングから入り、徐々にスラーに近づくような練習をしてみてください。 予想よりも速いテンポで練習されていて、スラスラ吹けていました ●クレプシュ こちらは、テンポを落として確実路線を狙いましょう♪ 繰り...

●音階 音階の仕組みをお話しながら練習していきました。 指使いで迷いがないように、繰り返して練習してみてください。 指がすんなりと動くところが増え、スラーがつながるようになってきました。 音程の取り方、チューニングについても少しお話しました。 楽器の持つ癖も、少しずつ把握...

ソロの曲をレッスンしました♪ ●テーマの歌い方 一つ一つを丁寧にしたい気持ちで吹かれていましたが、音が出てからクレッシェンドして中ぶくらみしてしまわないように気をつけてみてください。 フレーズの中で<>するようにどこの音を頂点に持っていくか考えながら吹いてみました。 ●ターンの...

●音階 リードの善く鳴る位置をリードによって調整させていました。 口や息は練習頻度によって調子も違うので、そのあたりからも考えてリードを合わせてみてください。 慣れていない調の指を確認しました。 部分的に繰り返して練習してから全体を練習してみましょう ●教則本 音がき...

●音階 いよいよ最後の調でした。 繰り返して吹かれて、沢山の力をつけられたと思います。 跳躍も指が動くようになり、発音も綺麗になりました。引き続き、新たな教則本で頑張って行きましょう♪ ●クレプシュ 少しゆっくりめに、発音に気をつけながら練習しました。急ぐ必要はないので着実に...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta