サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート バスクラリネットレッスン♪

バスクラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●音階
やり易い音階と、指がまだ慣れていない音階があります。
練習をはじめた期間が違う事と、進むにつれて難しい調になってきておりますので、新しい調の方が練習は必要のように思われますので頑張りましょう♪

特に中音域の小指の使い方とその近辺の音との動きと、三小節目から下降するときが難しくなるように思いました。
例えば、一小節目から吹き始めて途中でつっかえた場合は、下降から練習してみるのも良いかと思います。

前の調の♭#を引き継いでしまう場合もあるので
(臨時記号では#は付いてしまいますが)、
♭の長調→短調、→#系の長調→短調という練習順でも善いですね。

次回のレッスンでも試してみたいと思います

●教則本
オプションの練習がとても大切なので前回に引き続きまして練習してみました。

複数の指を指を同時に動かす善い練習が出来ております。
今からその感覚を身に付けておくことがとても大切かと思います♪
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●ロングトーン まずは準備運動でロングトーンをやりました。 低音は太く吹けるようにたっぷり息を入れてレジスターを使って上がったら柔らく吹きました。 レジスターを押す時には既にキーを押している指が動いて隙間が出来ないように気をつけながら上ってみてください。 ●教則本 メトロノームに...

部活の曲をレッスンしました ●マーチの曲ですが、全体的にしっとりと落ち着いて吹かれていました。音色も良いと思います 場面によっては四分音符の音の処理や、符点の抜き方、弾み方を「たぁん」と減衰して、エネルギッシュにしてみるのも良いかと思います。 簡単な四分音符や伸ばしの最後は特に意識...

●音階 全体的に早めなテンポで吹かれていて軽快でした。 跳躍が絡んでいる時に若干の慌てたようにも聴こえてしまうのが勿体なく感じました。 例えば練習で吹かれているテンポよりも一コマゆっくりにすると余裕が出来て、気持ちも落ちつきそうだなあと思いました。 次回のレッスンで試してみましょう ...

クラブの曲をレッスンしました ●音の移り変わりはきちんと読めています。 #を落としていたり、逆につけてしまったり、というところがあったので場所ごとにチェックしました。 ●階名をふらずに読めるところが増えてきました。その方がオクターブを間違えなかったり、アーティキュレーションを正確に...

●音階 ファ#ソ#ラの部分が少し慣れてきました。 その後の音域が変わるシが出遅れずにラから繋がってくるとかなり完成されますので、ラからシに着地する指の位置を確実にしていきましょう。 はじめにシを吹いて、シの指の位置を確認して、シラシと吹いて感覚を覚えていくと良いですね。 跳躍なども...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta