サイタ音楽教室クラリネット教室 神奈川 鈴木歩クラリネット教室 レッスンノート お話など

お話など

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

吹奏楽の曲をレッスンするのがあまり…の時は、クラリネットの曲など、何でも良いですよ。

指の形や、アンブシュア、楽器の角度は常に気をつけていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

フランス国立音楽院クラリネット科1位!中学吹奏楽部指導もする先生

新着レッスンノート

音色など、以前に比べとても良くなってきています。 楽器の角度や指の位置、息をしっかり入れるなど常に気をつける部分は意識して練習していきましょう。 曲中の連符などは、ゆっくりなテンポから確実に練習していきましょう。

譜読みがだいぶ早くなりましたね! 基礎力があがってきていると思います。 吹奏楽の曲も、全体的には問題なく吹けています。 部分部分での気をつける点などを意識して練習していきましょう。 エチュードも譜読み良く出来ています。

レッスンお疲れ様でした。 全体的には良い状態で吹かれていると思います。 マウスピースの加える位置や、角度など少しずつ修正していければ、もっと状態が良くなると思います

譜読み早くなりましたね! 基礎力が上がってきているのだと思います。 1つのフレーズ内での音色感やフレーズ終わりの響きなど細かい部分まで良く聞きながら練習していきましょう。

前回より良くなっている点が増えてきました。 マウスピースを変えた時の方が音にまとまりが出てきているので、慣れていってください。 指が難しいところなど、ゆっくり丁寧に練習してみてください。 高音域を安定させるため、ロングトーンなど取り入れてください♪

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta