サイタ音楽教室クラリネット教室 神奈川 鈴木歩クラリネット教室 レッスンノート お話など

お話など

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

吹奏楽の曲をレッスンするのがあまり…の時は、クラリネットの曲など、何でも良いですよ。

指の形や、アンブシュア、楽器の角度は常に気をつけていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

フランス国立音楽院クラリネット科1位!中学吹奏楽部指導もする先生

新着レッスンノート

【エチュード】 指の動きが少しズレてしまうところがあるので、音を良く聴きながら練習していきましょう。 跳躍の際、スラーをより良く聞かせる為に、息の入れ方、音の方向など気にしながら練習していきましょう。 【スケール】 指を回すだけではなく、拍をしっかりと感じながら練習していきましょう...

楽器はとても良く息が入り、鳴っていました。 音が揺れてしまう癖が少しあるようですので、ロングトーンなどを取り入れ練習してみてください。 曲の方も、全体的に吹けてはいるのですが、音の長さ、リズムなどを正確に演奏していけるようになることで、アンサンブルや吹奏楽など合わせていくのにも役立つと...

季節の変わり目でリードが不安定になりやすいですが、季節に合わせリードを選んで準備していけるようにしましょう。 エチュード、楽譜は吹けています。 楽譜に記載されている色々な記号を意識して演奏していけるようにしましょう。

譜読み良く出来ていました。 タンギングの種類に気をつけて練習しましょう。 跳躍も気をつけて練習していきましょう。 曲の時代背景を考えるのも演奏する上でとても大切です。 色々なことを吸収していきましょう。

レッスンお疲れ様でした。 楽器のセッティング等は問題ありませんでした。 アンブシュアは、慣れてくるまで難しいと思いますが、演奏していく上で1番大切なことです。 マウスピースの加えが浅くなりすぎないように気をつけましょう。 楽器の角度も合わせて気をつけましょう。 角度が低すぎると、...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta