サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●マウスピースとリード
使っている楽器の吹きごこちに合わせてバランスをとると良さそうでした。

今回使った楽器では少し楽に息が入ったようでしたので、同じマウスピースを使うときは少しコシのあるリードを試してみるような、調整をしてみてください。

●アンブシュア
強弱をつけたり、タンギングしたり、何かしなくてはいけないときにアンブシュアが少しかたくなって、かむ力が強くなるようでした。

口をゆるめたり、少し強くしてみたり、調整はきちんと出来ているようですので、「緊張してるかもっ」と思った時には意識的に口をゆるめてみるようにしてみてください。

●タンギング
あごが動きやすいので、音を1つ発音したら元にもどさないように気をつけて、ゆっくりからだんだん速くする練習をしてみましょう。

例えばスタッカートの場所でもまずはじめに
スラーで吹いて息の流れを確認して

スラーテヌートのように発音はするけどほとんど舌をつかない

テヌート

マルカート

スタッカート

と、段々短くして吹くトレーニングをすると善いでしょう♪

なーなー→たーたー→たぁんたぁん→たんたん→たったっといったイメージで吹くと分かりやすいですね

鏡を見ながらトレーニングしてみてください~(*^^*)
新着レッスンノート

●音階 高いところまで指を確認しながらゆっくり吹きました。まずはゆっくりひとつひとつの音に息をしっかり入れるイメージで吹き込み、少しずつテンポを上げて吹きましょう。 ●音域が狭い範囲での音階も練習しました。 指がスムーズに動くように、メトロノームと練習してみてください。 アーティキ...

●組み立て方確認 ●リード 以前よりもコシのあるものを使われていましたので、音色が太くなり、落ち着いた音色になりました。 ●教則本 26-1〜4 タンギングをする場所、指の動かし方を中心に練習していきました。 音が繋がりにくいところは息を抜いてしまわずに、息とフィンガリングで...

●音階 C dur 1.2.4.7番 久しぶりでしたので、ロングトーンや音階を重点的に練習しました。 音階で付点練習をやり、均等に音を並ぶように気をつけて練習しました。 タンギング、きれいでした。 音が飛ぶところは間の音が混じらないように気をつけて、スラーがしっかりつながるように息...

●リードについて、セッティング 今お使いのリードとその前のリード、さらにその中間のリード(V12といいます)のお話をしました。 楽に息が入り、好きな音色で吹けるものを探して参りましょう リードの付け方(お話しそびれましたが、リガチャーはぎゅっと締めすぎないようにしてみてください)、調整...

●音階 H dur 暗譜で吹きました。 暗譜で吹きながら、アーティキュレーションをつけて練習してみてください。 発音の状態をゆっくり確認しながら吹くのも良いと思います。 ●教則本 32番 よく譜読みできていましたが、強弱をしっかりつけること、リテヌート加減を練習してみました。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta