サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●クラリネットの初歩
音階など順にやっていきました。
ラ→シは少し時間がかかってしまいますが、大分すんなりといけるようになってきました。

メトロノームを使いながら少しずつテンポを上げる練習もやってみてください。

高い音が引っ掛かりにくいところはベルを少し引いたり、少しの音からあがって勢いを貰って吹いてみました。

●エチュード
中低音、しっかり出せています。
リードを少し軽くして息が太く出るようにしてみました。
エチュードではありますが、フレーズがどこまででどこに向かっているのかを見つけてクレッシェンドしながら吹いてみました。

●曲
タンギングも含まれますが、苦労なく切れているように聞こえました。#の指にも慣れてみてください。
中音域のシは両方の小指を使わなくても音は出ますので、前後の音の運びで使ったり使わなかったりしてみましょう。
随時またご説明していきたいと思います
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 太く鳴らせています。 ところにより指の動きが優しくなり、レガートの精度が上がってきたように感じました。 特にゆっくりした跳躍は引き続き、指の動きに気をつけて練習してみてください。 ●教則本 二小節単位で向かっているのか、収まっているのか考えながら吹きました。更に四小節ごと...

●音階 アーティキュレーションを付けた時に、スラーは「ターラッ」と2個目の音を軽く抜きますが、その抜いたままの息で吹くとスタッカートがぼやけてしまうので、しっかりと発音できるところまで息を入れ直すというお話をしました。 きちんと息を入れて、クリアな発音を目指しました ●クレプシュで...

●半音階 こちらは毎回の練習で、吹き始める時はスラーで練習し始めてください。 息の流れがしっかりしてきたらメトロノームと一緒に練習しましょう。 上手くいかないな、というところは符点練習とアーティキュレーションを変えて吹く練習を沢山やりましょう。 小節ごと、1拍ごとでもかまわない...

●音階、初歩 しっかりと吹かれていました。 アーティキュレーションを付けて、その反対のアーティキュレーションにしてみると戸惑いと緊張が走りますが、繰り返して慣れてみてください。 指の高さにも気をつけてみました。 さらにメトロノームをつけて練習してみました。 テンポを心の中で感じて...

●スケール しっかりした音で吹かれていました。 音が並んできたら、1番と4番はテンポを上げて練習してみてください。 勿論出来るテンポで大丈夫なのであわてずですが、いずれはブレスをしないで1番が吹けるようにするのが目標です 出来るだけツバが楽器になだれこまないように気をつけて吹...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta