サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●音階
少し優しい感じでしたがスラー、キレイにできていました。
たっぷりゆったり吹くために、あと少しコシのあるリードにしてみてください。

●クレプシュ
フレージングを考えながらクレッシェンド、強弱をつくってみました。
上に上がる前の音をしっかりと吹いてジャンプしましょう。
スラーの終わりかたを重くしたり軽くしたり微調整しました。

●ローズ
上の音だけ、下の音だけをスラーやテヌートで吹いて音程を確認しながら練習しました。
発音すると上も下もぶら下がりがちになるので、発音と共に口の閉め加減を調節しながら頑張りました
跳躍する音のイメージを積極的に持ってみてください♪
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 滑らかに吹かれていました、マウスピースが変わった分か、少しリードが軽いように思いました。 教則本ではちょうど良い感じもしましたので、これから様子を見ていきましょう。 息の支えが欲しい場合はあと少し抵抗のあるリードにしても良いかなと思いました。 ●クレプシュ 複雑な調にも慣...

●セッティングは無理のないような感じでしたが、ソ#のキーの塞がりが悪く、反応しにくい音がありました。 バランス調整に久しぶりに出されるのも良いかと思います。 高い音もよくチャレンジされています 大分音程を掴んでいらっしゃるようです。 ダイレクトに出すのはまだ少し難しいので、下の音...

●音階 指の動きは慣れてきましたが、複雑な動きになるとゆっくりになってしまったり、転んでしまったりする場所があります。 メトロノームで引き続き、確実に合わせられるところから少しずつ速く練習して、上手くいかないところは符点練習でリズムを変えて均等に動くように練習してみてください。 ●ア...

●音階 柔らかな美しい音で吹かれていました。 大きなホールで吹くことをイメージして、たっぷりと豊かに鳴らして参りましょう 高音域は徐々に吹き慣れてきますので、堂々と自信を持ってゆったりと吹くようにしてください。 アンブシュアを締めて息が細くなってしまわないように気をつけてみてくだ...

初見の練習 ●新しい楽譜を読む練習をやりました。 新しい楽譜を読むコツがいくつかあります。 コツをつかむと、新しい楽譜もすぐに読めるようになってきますので、練習して慣れていきましょう。 ●リズム どんなリズムがあるのか、どこが難しそうかな?と全体を見渡して難しいところを見つけ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta