サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●組み立てかた
上管と下管のジョイントに特に気を付けて組み立ててみました。
リードとマウスピースの先もキズをつけないように、気をつけて組み立てましょう。

●姿勢、アンブシュア
楽器を吹くときの口の形のことを「アンブシュア」といいますが、(あっ、もう知っているかもしれないですね)アンブシュアはとてもきれいなので今は大丈夫かと思います。

ストラップをつけたら、右手が少し楽になるかと思いますが、右手の親指と、楽器をくわえた前歯で楽器を支えるように、少しずつ筋肉がついてきますので、定期的に練習をするようにしてみてください

●「ソ」の音を出してみました
8拍を真っ直ぐ吹いて

そのあとは後半をクレッシェンド
して息の支えを作ってみました。

音がゆれないように気をつけたいのですが、
特にロングトーンの時にどんな音を吹きたいか、どんな音が好きかな?と音のイメージを持って吹いてみてください。~(*^^*)

●最低音まで出してみました
指の位置によっては音が出しにくくなってしまうようです。指の担当を変えたら音がきちんと並びました
指の形に気を付けながら、これから練習していきましょう。
息を入れっぱなしにして、出しやすい音からつられて下の音を吹くような方法でしばらく練習してみてください♪

●タンギング
少し早かったのですがタンギングのしくみも少しお話しました。
音が出やすくなってからまたやってみたいと思います
新着レッスンノート

●音階 高いところまで指を確認しながらゆっくり吹きました。まずはゆっくりひとつひとつの音に息をしっかり入れるイメージで吹き込み、少しずつテンポを上げて吹きましょう。 ●音域が狭い範囲での音階も練習しました。 指がスムーズに動くように、メトロノームと練習してみてください。 アーティキ...

●組み立て方確認 ●リード 以前よりもコシのあるものを使われていましたので、音色が太くなり、落ち着いた音色になりました。 ●教則本 26-1〜4 タンギングをする場所、指の動かし方を中心に練習していきました。 音が繋がりにくいところは息を抜いてしまわずに、息とフィンガリングで...

●音階 C dur 1.2.4.7番 久しぶりでしたので、ロングトーンや音階を重点的に練習しました。 音階で付点練習をやり、均等に音を並ぶように気をつけて練習しました。 タンギング、きれいでした。 音が飛ぶところは間の音が混じらないように気をつけて、スラーがしっかりつながるように息...

●リードについて、セッティング 今お使いのリードとその前のリード、さらにその中間のリード(V12といいます)のお話をしました。 楽に息が入り、好きな音色で吹けるものを探して参りましょう リードの付け方(お話しそびれましたが、リガチャーはぎゅっと締めすぎないようにしてみてください)、調整...

●音階 H dur 暗譜で吹きました。 暗譜で吹きながら、アーティキュレーションをつけて練習してみてください。 発音の状態をゆっくり確認しながら吹くのも良いと思います。 ●教則本 32番 よく譜読みできていましたが、強弱をしっかりつけること、リテヌート加減を練習してみました。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta