サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●音階
二つのパターンの譜面を試してみました。
手書きの方も、2パターンあるものは、どちらを使うか調べてみてください。

アイヒラーは全調指使いを確定して吹いてみることと、暗譜を年内目指しますですが慌てずに、着実に少しずつやっていきたいと思います。

全調の表を書いてみて、この調は吹いてみた・暗譜した・テンポはいくつで吹ける…のような項目を作ってみると、どの調が苦手なのか見えてくるかと思います。
じっくり頑張っていきましょう♪

音量は少しあげて、レガートを意識して吹いてみてください。

●教則本
譜読みを確実にしたいところですので、手を叩いて正しいリズムで音符を喋ることを楽器を吹いていない時間にやってみてください。

スラーがあるところは息をたっぷり入れて歌うようにつなげていきましょう。

ブレスのマークを書いて位置を決めて、アーティキュレーションも守るようにしてみてください。

●まだ楽器も慣らしていくところではありますが、
音色が少し太くなってきました。
ただ、リードが少し硬くて鳴りきれていないところもありますので、少し軽いものにするか、息をもう少したっぷり送り込むとさらに善くなるかなと思いました。
引き続き頑張りましょう
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 ファ#ソ#ラの部分が少し慣れてきました。 その後の音域が変わるシが出遅れずにラから繋がってくるとかなり完成されますので、ラからシに着地する指の位置を確実にしていきましょう。 はじめにシを吹いて、シの指の位置を確認して、シラシと吹いて感覚を覚えていくと良いですね。 跳躍なども...

ソロの曲をレッスンしました ●原曲を沢山聞いてテンポの揺らし方を参考にしてみてください。 強弱だけでなく、場面ごとの雰囲気をつかむこともとても大切です。 特にリタルダントの掛け方、テンポの向かい方、戻し方など、自由に演奏できるように慣れてみてください。 ●静かな前奏は伸ばして...

ソロの曲をレッスンしました ●冒頭のテンポは緩やかで落ちついた感じで良いのですが、ブレスの後や伸ばしの音からタイでつながっていると少し食いつきが遅くなるので気をつけましょう。 ●細かい指の動きは取り出して練習しました。 どこが怖いのか、全部しっかり吹くのか、ポイントを置いてその部分...

●音階 高い音の練習をやりましたが、まずは最初の音をしっかりと太く鳴らして、そのまま上がっていきました。 しっかりと息が入ると高い音も綺麗に響く音で吹けました。 普段の練習もまずは吹き始めの音をしっかり伸ばし、息がしっかり入った!と思ってから動いてみてください ●アルペジオ 指...

●音階 美しく吹かれていました。 16分音符の捉え方を拍ごとに捉えて、一音一音にならないように吹いてみました。 大きなフレーズの曲を吹いているような感じで綺麗でした。 タンギングの練習もやりました。 スタッカートで息の流れが止まってしまわないように、スラー→テヌート→マルカート→スタ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta