サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

部活の曲より
●スラーを吹くときに
場面ごとに音の雰囲気を作っていきました。
ピアノの時は発音も静かにタンギングするようにして、指も柔らかく静かに動かすように意識してみました。

音符の音程が上がって行くときは、クレッシェンドがちに吹くと気持ちが入って聞こえてきます

●タンギングの練習
息だけで「はっはっ」と発音して、タンギングするときは息が大切だという感覚を身につけていきましょう。
息がしっかりと入るようになったら舌を軽くつきます。
顎が動かないように気を付けてみましょう。
鏡をみて練習するようにしてみてください。

●高音域の発音
高い音と、中音域の吹き込みかたをこれからコントロールしていきましょう。
同じ息では高音は強すぎたり、中音域はなっていなかったりしますよね。(*^^*)

●0スタート
・アンブシュアを緩くして、息のノイズだけの音をだします

・少しずつ音を混ぜていきますが、いつ音になったか解らないくらいに少しずつ音にします

クレッシェンドしてfまで。

これを上の音域までやってみてください。

まだ続きがあるのでこちらはまた次回に
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 調号、指の確認をしてから吹き始めるのがポイントのように感じました。 タンギングきれいに出来ています。ところにより甘くならないように、長さの調節をしてみました。 指の確認をまたやりながら跳躍もやりました。少しずつ精密度が増してくるようです。 ●教則本 概ね譜読みも出来て...

スケール中心にレッスンしました。 主にタンギングについて ●音の始まりと終わりに舌をつくタイプを普段の発音でしているので、今回は発音するときには舌をつき、音を出し終わったら余韻を作る練習をやりました。 ●音を出したら出しっぱなし、は、しゃべっているときに口を開けたまま閉じないよう...

アンサンブルの曲をレッスンしました ●まずはリズムと階名を読みながら譜読みしていきました。 調号を落とさないように、「今、何の調を吹いているのかな?」と頭のすみに置きながら吹いてみてください。 ●ミ♭の指の前後 全て右手だけではなく、左→右→左 のように小指は交互に使ってみてくださ...

●ロングトーン ・「ソ」の音8拍 音の揺れがないように、しっかりまっすぐ吹きましょう。 メトロノームに合わせてタイミングよく音が出るように、準備をして拍の頭をむかえるようにしてください。 太い音、よく響く音、など、出したい音のイメージを持ってロングトーンしてみてください。 ・「2...

ソロの曲をレッスンしました ●冒頭 深く歌い込むところと前に進むところを考えてみました。全体的にスラーが大切ですのでしっかり息を入れて、pの部分でも綺麗に音がつながるように練習しました。 カッチリとテンポ通りではなく自由に歌って欲しいところですが、 1日の練習の中の数分はテンポ通り...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta