サイタ音楽教室クラリネット教室 埼玉 片桐クラリネット教室 レッスンノート 本日のレッスンのまとめ

本日のレッスンのまとめ

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした(^_^)

久しぶりでしたが元気そうでしたね。

以前より、高音の音程があまりぶら下がらなくなって安定してきましたね。
クラリネットの高音は難しいですが、たくさんロングトーンして、タンギングもきれいに発音出来るように頑張ってください。、

今日は、吹奏楽の曲をやりました。

最初の8分の6拍子の所は、8分音符刻みでメトロノームをかけて、引っかからないで吹けるくらいまでテンポを落として練習しましょう。
部活の個人練習時間にメトロノームをかけるのが出来なさそうだったら、自分の足でテンポを取って練習してみましょう。

最初の所だけでなく、ひっかかったり上手く吹けない所は、すべて自分が確実に吹けるテンポにまで落として個人練習しましょう。

16分音符の長い連符は、一度に全部吹いて練習しようとせず、音を1つずつ増やして(音を3つ、4つ、5つ・・)だんだんとたくさんの連符を繋げて吹けるようにしていきましょう。

テンポの速い16分音符は、リズム練習を取り入れてさらってみてくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

コンサート出演多数!初心者には楽譜の読み方から丁寧に、上達をサポート

新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした。 タンギングをする時は、舌を付く時に出る音が気になるかもしれませんが、今のところはあまり気にせずタンギングしましょう。 タンギングをする事に慣れてきたら、段々と舌をつく音が小さくなるように練習していきましょう。 高音の音も良くなってきました。下から上...

レッスンお疲れさまでした。 今日は曲の練習の前に、音の表現力をつける練習のプリントをお渡ししました。 譜面に書かれているpはpp、fはffのつもりで吹いてください。 クレッシェンドする時は、音をゼロの状態から....スー<<、ディミヌエンドする時は>>スー....と消えゆくように...

レッスンお疲れさまでした。 トゥーランドットに時間を取り過ぎてしまって、課題曲が見られませんでしたね。申し訳ありませんでした(>_<) トゥーランドットは少し運指が難しい所を中心にやりました。 レッスンでやったように、運指やタンギングの難しいところは、細かく分けて練習するよう...

レッスンお疲れさまでした。 マーチは前回の続きからやりました。 大体良かったと思いますが、強弱記号やアクセントが付いている所と付いていない所、などに気をつけてつけて、全体的にメリハリをつけるともっと良くなると思います。 主旋律の所は堂々と伸びやかな感じで、アクセントやスタッカート...

レッスンお疲れさまでした。 前回のレッスンより、タンギングはかなり上達されたようです。 うまく出来なくなったら、1つの音だけを集中してずっとタンギングしてみてください。 高音の音を吹くときに、ちょっと力んでいるようなので、なるべくリラックスして吹きましょう。 音量も、下の音も上...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta