サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート バスクラリネットレッスン♪

バスクラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

楽団のアンサンブル曲をレッスンしました
●リズムに乗り遅れないように、部分的にメトロノームでゆっくりなテンポから練習してみました。

跳躍のところで一番遅れやすいのですが、跳躍前の音を軽く抜いて深い音に移動しても音が当たりやすくなるように練習しました。

●タイがある部分はタイを取って練習しました。
拍頭が無いアレンジの楽譜でしたが、ところにより付け足してみたり、タイをつけてみるのも善いかなと思います。

●ここはキメ!というところはリズムをしっかり出したり、発音をはっきりと吹いてみると合わせやすくなると思います。
アンサンブルで別々のリズムを吹いているところから、皆一緒になるところも、同じリズムのスタート!と思うと一体感のあるアンサンブルになるでしょう~(*^^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●ロングトーン まっすぐ伸ばして音の鳴りかたを確認しました。 いつもと違うマウスピースではありましたが、きちんと鳴りそうなツボを確認できたご様子で、そのあとはしっかりとロングトーン出来ていました。 ●音階 シレドの動きを確認しながら練習しました。 少しずつ指の動きがスムーズになっ...

●音階 一息で吹けるテンポになってきましたので、今回は更にテンポupもしてみました。 急な事でしたが、速くなるとやや慌ててしまうので、流れるようなフレーズになるように、こちらも練習してみてください。 音色、善かったです タンギングしていても、吹いている音よりも少し先へ見ていき、準...

●音階 調号、指の確認をしてから吹き始めるのがポイントのように感じました。 タンギングきれいに出来ています。ところにより甘くならないように、長さの調節をしてみました。 指の確認をまたやりながら跳躍もやりました。少しずつ精密度が増してくるようです。 ●教則本 概ね譜読みも出来て...

スケール中心にレッスンしました。 主にタンギングについて ●音の始まりと終わりに舌をつくタイプを普段の発音でしているので、今回は発音するときには舌をつき、音を出し終わったら余韻を作る練習をやりました。 ●音を出したら出しっぱなし、は、しゃべっているときに口を開けたまま閉じないよう...

アンサンブルの曲をレッスンしました ●まずはリズムと階名を読みながら譜読みしていきました。 調号を落とさないように、「今、何の調を吹いているのかな?」と頭のすみに置きながら吹いてみてください。 ●ミ♭の指の前後 全て右手だけではなく、左→右→左 のように小指は交互に使ってみてくださ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta