サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●音階
スラーでしっかりした音量で吹けていました。

アーティキュレーションをつけた時に調号が解らなくなってしまうので、普段の練習でもアーティキュレーションをつけて練習するようにしてください。

跳躍もしっかりとした息で吹けていましたが、高音から降りてくるときは真っ直ぐした息ではひっくり返ってしまいやすいので、少し柔軟に切り替えて確実に下の音に降りてみましょう。

レジスターを押さない音から、中音域に向けての跳躍も、指を柔らかく動かして丁寧に上がりましょう。

●教則本
リズムを区別する部分はきちんと吹き分けされていました。
シンプルな四分音符の時に倍にしてしまったりするのは勿体無いので、簡単な音符の時に油断しないように気をつけてみましょう♪

強弱にも気をつけて雰囲気を出していきました
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 動きも滑らかで善い感じでした タンギングは時に甘くなってしまうところもありましたが、ほぼ大丈夫です。 一番の課題のフィンガリングですが、ゆっくりな番号中心で意識をまだ続けていきましょう。 押さえている指を「あまり上げない」という意識で引き続き頑張ってみてください...

クラブの曲をレッスンしました ●タイ「⌒」があるところは、タイの後ろの音はタンギングしません。 今回の楽譜ではタイが小さいので少し見つけにくいですが、タンギングしないで吹いてみました。 4拍子を意識しながらリズムをしゃべってみるとさらにリズムが正確になってくるかと思います。 ...

●音階 ラシの動きがスムーズになり、速くなってきました。 メトロノームと一緒に吹くと少し遅くなってしまうところがあり、そこはどこなのかを見つけられたら良いのですが、符点練習をすると自然に解消されるので是非やってみてください。 部分的にでもとても効果的です。 符点と逆符点をセット...

●音階 レガート、スタッカートともに程よい鳴り加減でした。 タンギングのコントロール、とても良くなってきたかと思います。 解放近辺のタンギングはあと少し優しく吹きましょう。 高音域の切り替えをしてしまうときはまだ時折あるようでしたので引き続き気をつけて参りましょう。 ●クレ...

●音階 豊かな響きが感じられると心地よく感じます。 リードやエンドピンのセッティング、さらに研究して参りましょう。 リガチャーの位置も考えられているかと思います。 今回はいつもよりも少し深めのように感じました。 位置や締める加減もリードによってもその都度、僅かながら変わってくるか...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta