サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●音階
スラーでしっかりした音量で吹けていました。

アーティキュレーションをつけた時に調号が解らなくなってしまうので、普段の練習でもアーティキュレーションをつけて練習するようにしてください。

跳躍もしっかりとした息で吹けていましたが、高音から降りてくるときは真っ直ぐした息ではひっくり返ってしまいやすいので、少し柔軟に切り替えて確実に下の音に降りてみましょう。

レジスターを押さない音から、中音域に向けての跳躍も、指を柔らかく動かして丁寧に上がりましょう。

●教則本
リズムを区別する部分はきちんと吹き分けされていました。
シンプルな四分音符の時に倍にしてしまったりするのは勿体無いので、簡単な音符の時に油断しないように気をつけてみましょう♪

強弱にも気をつけて雰囲気を出していきました
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 低音の鳴り方は豊かな響きで、落ち着いた太い音でした。息の出し方もストレスがなく、自然な流れでとても善かったと思いました。 中音域の「ミ♭」が少し鳴りにくいようでした。 キーを押すために指全体の力や、口の力が必要以上にかかってしまうのかもしれません。 「レ」など比較的鳴ら...

オーディションの課題をレッスンしました ●半音階 少し慣れてきたのでスタッカートとスラーで練習しました。 指の動かしかたで覚えてきはじめていますが、今度は楽譜を見て、「この音はこの指!」と、直ぐにその指が解るようにしておいてください。 特に小節の頭の音と、拍ごとの頭の音がメトロノー...

●音階 テヌート、スタート重視で練習しました。 テヌートでは、息をしっかり入れて太く響かせて吹いていきました。 跳躍はゆっくりなテンポで吹くと安定してきました。 丁寧に吹くときと、思いきって息を入れるコントロールを繊細に頑張りました。 引き続き頑張りましょう。 ●クレプシュ...

アンサンブルの曲をレッスンしました ●アンブシュア 顎の筋肉の集まりかた、散らしかたを研究しました。 下に引き下げる状態にはするのですが、下げることを意識し過ぎてしまいますとアンブシュアが固くなり、噛む力が強くなりすぎてしまいます。 いわゆるほどほどに…ということなのですが、(...

●音階 複雑な調ほど慣れている感じになってきましたので調を追加しました。 上りと下りの違いに気をつけて頂き、動きに慣れてみてください ミ♭が出しにくそうでしたので、取り出して練習してみました。 レジスターを押さないで低い音(ソ#)を吹いてから→ミ♭を吹いて上がって鳴り方を確認...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta