サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート バスクラリネットレッスン♪

バスクラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●スラップタンギング
薄目のリードで挑戦してみてください。

「こんっ」と舌だけでやる、「吸い付き」と「舌を離していく位置」をよく確認して、口にマウスピースが、入っている状態でも出来るように繰り返して練習しました。

普段楽器を吹いている深さよりも深い位置からのスタートが良いので、実際に音を混ぜるときにも深いアンブシュアで音が出せるように練習もやってみました。

少しリードを押さえつけてから素早く離す、というイメージも大切です。

音が出ていない状態が、大きな音になるまで頑張って練習してみましょう。

●アンサンブル
5重奏を1パートずつ練習してみました。

それぞれの難所があるので、コツをお話しました。
跳躍は、すこし難しいのでゆっくり、繰り返して練習してみてください。

高い音は簡単な指で慣れておくと楽しいかと思います。

2パートずつ合わせてみました。
バランスを考えつつやるのもまた楽しいですね
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

ソロの曲をレッスンしました ●冒頭 深く歌い込むところと前に進むところを考えてみました。全体的にスラーが大切ですのでしっかり息を入れて、pの部分でも綺麗に音がつながるように練習しました。 カッチリとテンポ通りではなく自由に歌って欲しいところですが、 1日の練習の中の数分はテンポ通り...

●音階 スラーを一通りやってからタンギングの練習をやりました。 速いテンポになると中音域の音質が細くなったり、スタッカートの発音はまだ甘くなりますが、少しずつコントロールする力は見えてきました。 引き続き頑張りましょう♪ ●クレプシュ 綺麗に吹けていました。繰り返す前からの精度も...

●音階 リードのセッティング、高さの調節は次第にスムーズになられているご様子でした。 特に低音は安定してよく響いています。 上の音に進んで行くときに口に力が入りすぎると音が痩せてしまうので、力み過ぎないように気をつけてみました。 響かせることを意識してみると善いかと思います ...

●音階 しっかりと楽器を鳴らすこと、レガートが綺麗に繋がるようにゆっくりとしっかり吹いてみました。 ラシドがつながることも大切ですが、その上の音を吹くときも音をまとめて支え、響かせるイメージを持って吹いてみてください。 音の支え、善くなってきたと思います 指をバタバタさせずに...

威風堂々 ●#が沢山の曲ですが、がんばって楽譜を読んでいました。 レ#など落としやすいので気をつけて練習してください。 やはり小節ごとにゆっくりから早く、練習を重ねていきましょう。 レ#の音の前後で小指が「右右」と吹かないように、決めたところは出来るだけ左手の替え指も使ってみてくだ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta