サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 おしおクラリネット教室 レッスンノート ブレス

ブレス

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ブレスの吸い方は、響きの良い音を出すためにもとても重要です!
ブレス一つで、音が180度変わることもあります。

大事なことは、ブレスを吸う前に必ず自分の中にある余分な空気を吐きだしてから吸うことを心掛けましょう。
それがしっかりできないと、吸えるはずの量が体に入りきらなくてたくさん吸えません。

また、肩や胸だけで吸わず、基本的にはお腹に溜め込む意識で吸いましょう。(実際には横隔膜が下がること)
ブレスを吸うときに肩が上がるようなら浅いブレスになっている可能性が。鏡を見ながらブレスをしたり、仰向けになりながらブレスを吸ってしっかりお腹に入っているか確認しましょう!

また出したい音によってブレスを使い分ける事も大切です。
例えばとおくにいる人を呼ぶときはたくさんブレスを吸って声を張り上げますし、内緒話をするときなんかは無意識に柔らかくブレスを吸っている気がしませんか?

楽器でも同じ事が言えます。
出したい音やテンポ感に合わせたブレスを研究してみるのもいいですね!
新着レッスンノート

本日もレッスンご受講くださりありがとうございました! 本日は11番の練習の後半、技巧練習16〜18番、愛の挨拶(仕上げ)を行いました。 タンギングは、音、指が変化する時に無意識に舌に力が入ってしまい雑音が入りやすくなります。 同じ音でタンギングをする時と同じような力加減を意識していき...

本日もレッスンご受講いただきましてありがとうございました! 本日は練習11番の前半と技巧練習の13〜15番を行いました。 一つ一つの音に響きが増してきましたね! 前回までに比べレジスターのシの成功度もあがってきました。シの音に行く前の左小指についてもお伝えしました。練習されてみて...

本日もレッスン受講いただきありがとうございました! 10番の後半、技巧練習10〜12番、愛の挨拶を行いました。 10番の練習では、二分音符の間の音が切れないように意識しましょう!レジスターキーのシの音はスムーズに出るようになってきていました。 タンギングをする際、低い音域がモゴモゴなりや...

本日もレッスンご受講いただきありがとうございました! 本日は、 10番の6度の練習 技巧練習(7〜9番) 愛の挨拶 を行いました。 ブレスの取り方とてもスムーズになりました! タンギングもコツを掴まれてきたようでとてもクリアになってきましたね! 愛の挨拶では装飾音は...

本日もレッスン受講いただきありがとうございました! 本日は 5度の練習 技巧練(4〜6番) 愛の挨拶 を行いました。 5度の練習は前回お伝えしたブレスの位置しっかり改善されていました! レジスターキーのシの音を出すときのポイントは下唇に力を入れすぎると音が出にくくなり...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta