サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●音階
2、7番はゆっくり、指の動き、レガートに気をつけてじっくり吹きました。
1番を吹くときから、たっぷりと息を入れてしっかり吹くように意識していきましょう♪

高い音、ドの音から3音ずつ、徐々に高く吹いてみました。構える角度を変えてみるとピッチが少し上がりました。

音程を上げ下げするトレーニング、0スタートを引き続きやり、アンブシュアをリラックスさせる練習を積み重ねて参りましょう~(*^^*)

●タンギングするとき
舌の発音が少しきつくなってしまうので、息だけの発音(0スタート短縮版)と、息+舌の発音の2パターンを練習しました。
0スタート短縮版は下の倍音が鳴らないように、丁寧に練習してみてください。出来ないところより、上手くいく音域から上げていく事が近道のように思います

●クレプシュ
高音域から下へ降りるときのレガートに気をつけて練習してみました。
別々に吹いて徐々に近づける練習が効果的でした。

高い音を吹いているときに、次の音を意識するのがはやくなると音程が下がってしまうので、切り替えに気をつけて練習してみました。

●チューナーを使って
音を出して一緒にハミングしてから吹いてみました。音のイメージをしっかり持つとが大切ですので繰り返して練習してみてください~(*^^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 音域が変わるところの繋がりも随分良くなってきました。 慣れてきた調はテンポを上げても良さそうです。 前に吹いていた調の♭や#を引きずってしまうことも少なくなってきました。 リードのセッティングも少し変わると変化しますので、引き続きベストな鳴りを探して参りましょう。 ...

●音階 スラーでたっぷり吹き込んでからタンギングをやりました。 高音域のスラーは途切れないように単音ずつ吹いて徐々につなげる練習もやりました。 大分、形が見えるようになりましたが、中音域はあと少し息を入れましょう♪ ●クレプシュ よく吹けていました。 曲想も出していきたいの...

オーケストラの曲をレッスンしました ●まずはセッティングを見せていただきました。 抵抗がやや強いマウスピースを使われているので、リードを軽くするか(→V12三番)、マウスピースを楽なものに(5RVライヤー)代えて練習もしてみました。 A管も吹かれるので軽くしておくとクレッシ...

●半音階 指の動きを確認しました。 まだ部分的にくり返して、楽譜を見なくても自然に指が動くように、覚えるまで吹いてみてください。 しばらく吹いているとエンジンがかかってくるようですそれまでは必ずスラーで練習をして、息の流れを確認してみてください。 タンギングも初めからスタ...

●ロングトーン三種類 感覚を取り戻すためにロングトーンをたっぷりやってみました。 特に苦しい感じではなく、鳴らせているなと感じました。 ●音階 中音域のシドになると急に「うっ、」といった感じに苦しくなってしまうようでした。 指を押さえなくては、と指が力んでしまい、そのままアン...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta