サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●音階
2、7番はゆっくり、指の動き、レガートに気をつけてじっくり吹きました。
1番を吹くときから、たっぷりと息を入れてしっかり吹くように意識していきましょう♪

高い音、ドの音から3音ずつ、徐々に高く吹いてみました。構える角度を変えてみるとピッチが少し上がりました。

音程を上げ下げするトレーニング、0スタートを引き続きやり、アンブシュアをリラックスさせる練習を積み重ねて参りましょう~(*^^*)

●タンギングするとき
舌の発音が少しきつくなってしまうので、息だけの発音(0スタート短縮版)と、息+舌の発音の2パターンを練習しました。
0スタート短縮版は下の倍音が鳴らないように、丁寧に練習してみてください。出来ないところより、上手くいく音域から上げていく事が近道のように思います

●クレプシュ
高音域から下へ降りるときのレガートに気をつけて練習してみました。
別々に吹いて徐々に近づける練習が効果的でした。

高い音を吹いているときに、次の音を意識するのがはやくなると音程が下がってしまうので、切り替えに気をつけて練習してみました。

●チューナーを使って
音を出して一緒にハミングしてから吹いてみました。音のイメージをしっかり持つとが大切ですので繰り返して練習してみてください~(*^^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

~続きです~ ●お腹を使って お腹を凹ますのではなく、支えたまま吹く練習をしました。 くしゃみをするときや、重いものを持ち上げるときにかけるお腹の支えを意識しながら息を吐きます。 仰向けに寝てみたときにお腹の動きを観察してみてください。 「ス~」っとふくらんだ状態をキープしなが...

●細かい指の練習 タンギングはしっかりめに舌をついても良さそうです。 例えばラ→シのように、音域が変わるところで息をしっかりと入れて、ラを吹くときに右手を押しておいて準備をすると同時に息をクレッシェンドして入れていく練習をしました。 符点練習をやったり、部分的に速く吹く練習もやりまし...

●ロングトーン 音がゆれないように気を付けながら吹いてみました。 音を出すのが少し苦しいように感じられました。 アンブシュア、しめつけないように意識して吹いていきました。 ●グルウザン 低い音をたっぷり鳴らして、同じ指で上の音域を吹きました。 低い音がしっかりと鳴っていると...

●音階 リードがやや軽いのか、若干乾燥気味に聞こえました。 太く息を入れたり響きを意識して、微妙に噛む力を加減しながら、そのリードでベストな鳴りかたをいつも意識できるといいなあと思います。 (私もいつも考えてるところです) タンギングでの息の確認。 引き続き「細くならないように」...

●音階 指の動きと鳴りかたがスムーズになってきました。 新しい調を少しずつ追加する予定ですが今までの調を中心にさらに定着して参りましょう。 特に低音域の響きが豊かに感じられました。 ●初歩 ラシの動きも流れてきましたので今回から開始しました。 順番に上り降りをする動きと...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta