サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●音階
1番を中心にレッスンしましたが、2、4、7番の練習のやり方をお話しました。

音をしっかり出しながら、隣の音にレガートでつなげることを大切な目標にして、ゆっくりから練習してみてください。

しっかりと息を入れると、音域の変わるところも音がつながっているのかいないのか、善くわかります。

繋がっていないところは部分的に取り出して、まずは別々に吹き、次第につなげていく練習をじっくりやってみました。

アーティキュレーションを変えてタンギングの練習もやってみました。

●教則本
ブレスの位置を決めて、フレーズはどこまでなのか、どのように歌うのかなどを少しずつ考えていかれたら善いかなと思います

柔らかく吹かれていました。とても善い曲ですので、フレーズを実際に声に出してみて歌いながら練習してみてください。~(*^^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 高音域はまだ慣れていらっしゃらないとのことでしたが綺麗に吹けていました。 高音域の指使いは音は順次進行でもバラバラな動きをしますので、フィンガリングは節約モードの動きをして軽く動けるように徐々にして参りましょう。 特に2、7番をやる時は意識的に練習してみてください。 ...

クラブの曲のリズム大会 ●まずは拍にあわせて手をたたくことになれていきましょう。 なれてきたらテンポに合わせてたたきながら、関係ないことを話してみたり、特に意識してがなくても自然に叩けるといいなと思います。 ●次にリズムをしゃべります。 メトロノームなし ↓ メトロノームありで...

●音階 タンギング研究を中心にやりました。 中音域の上行系が出来れば大分完成に近づいておりますがー、「息だけの発音」をレッスンでやる前からクリアな発音が直ぐ出来るようになるまで、スキルupして参りましょう。 音域によっての息やアンブシュアのチェンジがとても必要ですが、リードごとに、更...

●リードについて 今、用意できる息の圧力に対してリードが重すぎないように、息とリードを研究してみました。 軽いリードで吹くには緩やかな柔軟なアンブシュアが必要で、リードに合わせてこちらでコントロールしてあげる事がとても大切です。 まずはやや軽いリード、見つけてみてください ●...

●ロングトーン しっかりと息を吹き込めるようにリラックスしてアンブシュアを作りましょう。 構える角度で音色も音量も変わってくると思いますので、ベストな位置を思い出しながらロングトーンしてみてください。 ●教則本 しっかりと吹き込んで息の確認をする教則本をじっくりとやってみました...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta