サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート バスクラリネットレッスン♪

バスクラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●高い音の指
ド#の確認をしました。
人差し指のみ、またはレジスターを付け足して吹くか、親指+レジスター+サイドキーで出す音をご紹介しました。
その音の前後の並びで、一番楽に鳴りやすい指で吹いてみてください。

●まずはメロディーラインがどこまでかを確認してフレーズごとにスラーを書いてみました。

メロディーがどこに向かっているかを考えて盛り上がる部分をつくり、フレーズは収まるのか、さらに次のフレーズに向かっているの考えてみると伴奏の吹き方は常に同じ音量ではないと思います。

いつもメロディーの事を考えてそれに合った低音で支えていきましょう。

●マルカートの吹き方
ハッキリ吹きますが音の発音のクリア加減や、吹き終わる音の処理はどんな感じにするのか考えながら吹きました。
しっかり息が入っていくように0スタートをやって息圧を吹きはじめからしっかり出るように意識して練習しました。

●リズムの確認
32分音符の吹き方を練習してみました。
指の都合でのんびりしたリズムにならないように、素早く動かす練習もやってみました♪
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 レガート、スタッカートともに程よい鳴り加減でした。 タンギングのコントロール、とても良くなってきたかと思います。 解放近辺のタンギングはあと少し優しく吹きましょう。 高音域の切り替えをしてしまうときはまだ時折あるようでしたので引き続き気をつけて参りましょう。 ●クレ...

●音階 豊かな響きが感じられると心地よく感じます。 リードやエンドピンのセッティング、さらに研究して参りましょう。 リガチャーの位置も考えられているかと思います。 今回はいつもよりも少し深めのように感じました。 位置や締める加減もリードによってもその都度、僅かながら変わってくるか...

●音階 音域が変わるところの繋がりも随分良くなってきました。 慣れてきた調はテンポを上げても良さそうです。 前に吹いていた調の♭や#を引きずってしまうことも少なくなってきました。 リードのセッティングも少し変わると変化しますので、引き続きベストな鳴りを探して参りましょう。 ...

●音階 スラーでたっぷり吹き込んでからタンギングをやりました。 高音域のスラーは途切れないように単音ずつ吹いて徐々につなげる練習もやりました。 大分、形が見えるようになりましたが、中音域はあと少し息を入れましょう♪ ●クレプシュ よく吹けていました。 曲想も出していきたいの...

オーケストラの曲をレッスンしました ●まずはセッティングを見せていただきました。 抵抗がやや強いマウスピースを使われているので、リードを軽くするか(→V12三番)、マウスピースを楽なものに(5RVライヤー)代えて練習もしてみました。 A管も吹かれるので軽くしておくとクレッシ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta