サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●ロングトーン
・「ソの音8拍」
8拍→4拍休みを繰り返し吹きました。
同じ強さを8拍と、後半4拍をクレッシェンドする二パターンを練習しました。クレッシェンドして息の支えを意識して、音が揺れないように気を付けてみてください。

・「2つの音をつなげて」
ソを4拍→ファを4拍→4拍お休み→ミ4拍→レ4拍…
次の音に行くときに、息を更に入れて音がつながるようにしっかり吹き込んでみてください。

・「レジスターキーを使ったロングトーン」
最低音のミを4拍→レジスターキーを押してシを4拍→ファを4拍→レジスターキーを押してドを4拍…

低い音はたっぷり吹き、レジスターを押したら優しく吹きます。
優しく吹きながらも伸ばしている音をしっかりkeepするようにしてみましょう。

●音階
ウォームアップをしたあとに音階を吹いてみました。
ブレスをしたあとの音がきちんと「ド」が出るように、口の力が強すぎないように気をつけて吹きました。「ド」と「それ意外」の音を出して吹き比べてみました。

●エチュード
三連符の曲でしたが、リズムを変えて吹き、指が転んでいかないように練習できました。

さらに、音符の起伏に合わせて強く吹いてみたりして音楽的になるように練習していきたいと思います。

●リード
2半→V12の3番を試しました。少しだけコシのあるリードにして、音質に肉をつけました。音の揺れも無くなってきました。

無理の無いようにしたいと思いますので、例えば吹きはじめは2半、吹きなれてきたら3番、疲れてきたら2半と調節しながら吹くのもありかと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●半音階 指の動きがスムーズに動くようになるまで、一小節ごとに練習してみました。 小節ごとで大変な場合は例えば2拍ごとなど、少しずつ練習して、なれてきたら小節ごとに練習してみてください。 スラーに慣れてきたらスタッカートに取りかかるので、しばらくはタンギングをしないで大丈夫です。...

●音階 跳躍は同じ口ではなくその音に合った息や口の力加減を気をつけて練習していきましょう。 跳躍の部分はエスプレッシーボで歌うように吹いてもみました。 息が自然に入りつながりが善くなりました。 ●教則本 カウントが正確になり、場面ごとの切り替えも出来るようになってきました。 ...

●音階 高音域はまだ慣れていらっしゃらないとのことでしたが綺麗に吹けていました。 高音域の指使いは音は順次進行でもバラバラな動きをしますので、フィンガリングは節約モードの動きをして軽く動けるように徐々にして参りましょう。 特に2、7番をやる時は意識的に練習してみてください。 ...

クラブの曲のリズム大会 ●まずは拍にあわせて手をたたくことになれていきましょう。 なれてきたらテンポに合わせてたたきながら、関係ないことを話してみたり、特に意識してがなくても自然に叩けるといいなと思います。 ●次にリズムをしゃべります。 メトロノームなし ↓ メトロノームありで...

●音階 タンギング研究を中心にやりました。 中音域の上行系が出来れば大分完成に近づいておりますがー、「息だけの発音」をレッスンでやる前からクリアな発音が直ぐ出来るようになるまで、スキルupして参りましょう。 音域によっての息やアンブシュアのチェンジがとても必要ですが、リードごとに、更...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta