音楽教室クラリネット教室レッスンノート クラリネットの奏法 基礎練習

クラリネットの奏法 基礎練習

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

こんばんは。体験レッスンお疲れ様でした(^_^)。今までクラリネットを吹いてこられた経験があるので、とても感が良く、音色がどんどん良くなっていきましたね(^-^)。
アンブシュアの深さに気を付けて、鏡でチェックしながら、ロングトーンが出来たらと思います。レジスターキーを使ったロングトーンはクラリネット吹きにとっては大事な練習です。是非アンブシュアを気にしながらロングトーンをたくさん練習してみてください(^_^)。
そして、指のフォームも、全部押さえたシの指で、左手人差し指のラを触る位置を確認しながら、音階練習が出来たらと思います。第一関節が力が入り過ぎて反ってしまうので、第一関節でしっかり支えながら、これも大きな全身の見える鏡でチェックできたらと思います(^o^)。
タンギングはとてもクリアな音をしていたので、まずは息でリードをしっかり振動させながらタンギングの練習もしましょう。息をしっかり保つには姿勢も大切です。常に気を付けましょう(^_^)。

ロングトーン、音階、タンギング、この基礎練習をバランス良く取り入れることで、合奏の曲もスムーズになってくると思います。
最後はとても良い音色をしていたので、これからもどんどん良くなっていくと思います(^-^)。是非自信を持ってクラリネットライフを楽しんでくださいね(^-^)♪
このレッスンノートを書いたコーチ

パリ音楽院に留学経験あり。豊富な指導経験で初心者も安心のレッスン

スズキクラリネットスクール
鈴木貴子 (クラリネット)

新松戸・西船橋・松戸・南柏・柏・我孫子

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta