音楽教室クラリネット教室レッスンノート クラリネット基礎

クラリネット基礎

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスン、お疲れ様でした(^o^)!久しぶりのクラリネットということでしたが、高いドまでもう吹けていらっしゃったので、アンブシュアをきちんと鍛えていけば、もうなんでも曲は吹きこなせるようになると思います(^_^)!
今日は、大まかにまとめると、楽器の組み立て方、リードのつけ方、アンブシュア、指使い、そして、メリーさんのひつじ、片付け方、をやりましたね。
楽器の組み立て方は、上管と下管のつなぎ目を注意して上管は全体的に握りしめるようにしてしっかり横のキーを上げてから組み立てましょう。
リードは湿らせて、目線の高さでしっかりマウスピースを見てリードの高さを合わせましょう。リードは今日は3.1/2でしたが、最初は2.1/2か3.の柔らかいリードがいいと思います。
アンブシュアは、鏡を見ながら練習できるとくわえる深さが分かりやすいと思います。マウスピースを横から見て、リードとマウスピースの離れる1.5㎝辺りに 下唇が当たるようにして、上が浅くて下が深い感覚でくわえます。顎の筋肉が顎の骨に密着するようにして、マウスピースをくわえているところを中心に顔全体が放射線状に引っ張るイメージで支えます。顎が丸くなったり動いたりしないように注意しましょう。口の中もなるべく広くしてゆで卵が縦に入っているようなイメージです。リードの先端は振動しなければ音にならないので、先端を潰し過ぎないようにしましょう。
メリーさんのひつじもとても良かったと思います(^o^)♪今日で一曲吹けてしまったので、これからはどんどん指使いも覚えて色々な曲に挑戦していけたらと思います。
楽器の片付けは、マウスピースにはもういらないリードをはさみ、あとは。とにかく水分が残らないように、スワブやハンカチでよく水分を拭き取りましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

パリ音楽院に留学経験あり。豊富な指導経験で初心者も安心のレッスン

スズキクラリネットスクール
鈴木貴子 (クラリネット)

新松戸・西船橋・松戸・南柏・柏・我孫子

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta