サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●ロングトーン
8拍のうち、後半4拍をクレッシェンドして息の支えを作ってみました。
しっかりとした太い音で、バテる事なく吹けていました。
レジスターのロングトーンも綺麗に吹けていました。

●音階
スラーで吹いてからアーティキュレーションを変えて吹く練習もやりました。タンギング、綺麗に切れていました。

一番思い通りにいく音域のタンギングした粒を覚えておいて、苦しい中音域、響きが軽く鳴りやすい高音域など、息や舌の強さを加減して、粒を揃えてみました。

●教則本
単純な譜面でしたが、楽譜に書かれていない部分を膨らましたり収まってみたりして音楽的に吹けるようになりました。

ピアノで出る部分は柔らかいタンギング、またはタンギングをやらずに出て曲の雰囲気に合わせた音の立ち上がりを目指しました♪

●機械的な動きは
符点練習をやり、指が均等に動くようにしてみました。どの指が動きにくいかを解り、その部分を強化できると善いですね

バテる事なくレッスン出来ました♪
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●教則本 音階やアルペジオを練習しました。 指の動きなど、おおむね大丈夫そうでしたが、キーから指を離すときに、指が上がり過ぎないように気をつけてみてください。 最短距離で指を軽く動かしましょう♪ 楽器に息がたっぷり入るように、噛み過ぎず、ゆる過ぎず、程よいアンブシュアを研究して参り...

●音階 スケールの練習の仕方をお話しました。 高い音の指使いは動きの早い時とゆっくりと跳躍するときはそれぞれやりやすい指使いがありますので、これから追ってお話させて頂きたいと思います 2番と7番はゆっくりと、むらなく、指の動きにも注意して吹いてみてください♪ ●教則本 ...

●ロングトーン 少し息が入りにくいところがあるのかな?と思いました。 アンブシュアの加減を色々試して息が入りやすいところを見つけてみてくださいね。 音域によっても力の加減は変わってくるかと思います。 ●グルウサン ロングトーンに近い内容ですが、音域ごとに分けて吹いてみました。 ...

●音階 跳躍はレガートもタンギングも綺麗に吹かれていまし た。 今回は少し軽めに吹かれていたように感じましたが、体調の良い時は積極的に息を吹き込んで行きましょう。 ●クレプシュ テンポを落として確実狙いで吹きました。 落ちついて吹いて良い流れだったかと思います。 ●教則本 ...

クラブの曲を練習しました ●曲の頭の部分はリズミカルだけど静かな感じを出して吹いてみました。小さくてもリズムをはっきりとふきましょう。 ●スラーの部分はブレスをぎりぎりまでガマンして、音楽が途中で切れてしまわないように気をつけて吹きました。少しの時間で素早くブレスを取るように練習してみ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta