サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート バスクラリネットレッスン♪

バスクラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

部活の曲をレッスンしました
●八分音符の発音
タンギングしないで「はっはっはっ」と吹きました。音の立ち上がりからしっかり鳴らすためには沢山の息が必要です。

タンギングする事にとらわれずに、吹きはじめからしっかりと息を入れて、音を切っていきましょう。

●中音域以上のメロディー
ブレスの位置を決めていきました。どこまで頑張れば良いのか、すぐに解りやすいので、どんな楽譜もブレスの位置を決める習慣をつけてみてください。

●高音域の指使いについて
お勧めの指使いをお知らせしました。勢いで出したり、息を張っていないと持続しにくいのですが、鳴らしかたを覚えたら結構使いやすく指も簡単なので、是非復習してみてください♪

●メロディーを吹くときは
フレーズがどこまでなのかを考えて、レッスンでやったようにスラーを書いてみてください。
息が続かなくても、音をぶつ切りにしなければフレーズはつながってきます~(*^^*)
「この音に向かいたい」というところを見つけて、クレッシェンドして吹いてみました。

さらに伴奏しているときもメロディーの歌い方に合わせて、盛り上がるところは一緒に膨らんで吹いてみましょう。伴奏も皿に楽しく吹けるようになると思います
新着レッスンノート

●音階 高いところまで指を確認しながらゆっくり吹きました。まずはゆっくりひとつひとつの音に息をしっかり入れるイメージで吹き込み、少しずつテンポを上げて吹きましょう。 ●音域が狭い範囲での音階も練習しました。 指がスムーズに動くように、メトロノームと練習してみてください。 アーティキ...

●組み立て方確認 ●リード 以前よりもコシのあるものを使われていましたので、音色が太くなり、落ち着いた音色になりました。 ●教則本 26-1〜4 タンギングをする場所、指の動かし方を中心に練習していきました。 音が繋がりにくいところは息を抜いてしまわずに、息とフィンガリングで...

●音階 C dur 1.2.4.7番 久しぶりでしたので、ロングトーンや音階を重点的に練習しました。 音階で付点練習をやり、均等に音を並ぶように気をつけて練習しました。 タンギング、きれいでした。 音が飛ぶところは間の音が混じらないように気をつけて、スラーがしっかりつながるように息...

●リードについて、セッティング 今お使いのリードとその前のリード、さらにその中間のリード(V12といいます)のお話をしました。 楽に息が入り、好きな音色で吹けるものを探して参りましょう リードの付け方(お話しそびれましたが、リガチャーはぎゅっと締めすぎないようにしてみてください)、調整...

●音階 H dur 暗譜で吹きました。 暗譜で吹きながら、アーティキュレーションをつけて練習してみてください。 発音の状態をゆっくり確認しながら吹くのも良いと思います。 ●教則本 32番 よく譜読みできていましたが、強弱をしっかりつけること、リテヌート加減を練習してみました。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta