サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート バスクラリネットレッスン♪

バスクラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

部活の曲をレッスンしました
●八分音符の発音
タンギングしないで「はっはっはっ」と吹きました。音の立ち上がりからしっかり鳴らすためには沢山の息が必要です。

タンギングする事にとらわれずに、吹きはじめからしっかりと息を入れて、音を切っていきましょう。

●中音域以上のメロディー
ブレスの位置を決めていきました。どこまで頑張れば良いのか、すぐに解りやすいので、どんな楽譜もブレスの位置を決める習慣をつけてみてください。

●高音域の指使いについて
お勧めの指使いをお知らせしました。勢いで出したり、息を張っていないと持続しにくいのですが、鳴らしかたを覚えたら結構使いやすく指も簡単なので、是非復習してみてください♪

●メロディーを吹くときは
フレーズがどこまでなのかを考えて、レッスンでやったようにスラーを書いてみてください。
息が続かなくても、音をぶつ切りにしなければフレーズはつながってきます~(*^^*)
「この音に向かいたい」というところを見つけて、クレッシェンドして吹いてみました。

さらに伴奏しているときもメロディーの歌い方に合わせて、盛り上がるところは一緒に膨らんで吹いてみましょう。伴奏も皿に楽しく吹けるようになると思います
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●リードについて 今、用意できる息の圧力に対してリードが重すぎないように、息とリードを研究してみました。 軽いリードで吹くには緩やかな柔軟なアンブシュアが必要で、リードに合わせてこちらでコントロールしてあげる事がとても大切です。 まずはやや軽いリード、見つけてみてください ●...

●ロングトーン しっかりと息を吹き込めるようにリラックスしてアンブシュアを作りましょう。 構える角度で音色も音量も変わってくると思いますので、ベストな位置を思い出しながらロングトーンしてみてください。 ●教則本 しっかりと吹き込んで息の確認をする教則本をじっくりとやってみました...

●ロングトーン 音が揺れず、伸びやかに伸ばせていました。 レジスターで上がるときには左の親指は上下にスライドさせずに親指の端を軽く傾ける感じで押すように意識してみると、滑らかに上の音に上がれると思います。 低い音はたっぷりと息を吹き込みましょう ●音階 ラシドの動きは大分自...

●リード 少し厚めな感じでしたが、曲を吹き始めるとなるほどといった感じでした。柔らかな音と力強さがありました しっかり吹き込んで反応を善くしているのですが、強く発音するときに口を緩める度合いが多い、または舌をつく力が強くてピッチが低めになるのが気になりました。 ●トリオの歌いか...

これからの方向についてご相談しました。一先ずお持ちのものを少しずつやって参りましょう。 ●音階 #のものからやってみたいと思います。 レガートが綺麗に続くようにたっぷりと息を入れて、まずらスラーで吹いてみてください。 滑らかに行きにくいところは符点練習をやってみると善いかと思います。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta