サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●アンブシュア
改善中との事でしたが温かな音色で吹かれていました。
楽器を加えるときに「このあたり」というのが安定してくると善いですね。
噛んでいる強さをコントロールするために、0スタートをやりました。

●0スタート
ノイズを乗せて息だけ吹き込む

ノイズから少しずつ音にする
(音がいつ始まったか解らない感じです)

クレッシェンドしてfまで

・低い倍音や高い倍音がならないように

・上手くいかないときは
fから>して0に

慣れたら
f>0<fをやってみてください

拍数は特に気にしないで、音量の変化、音程は変わらないか、段階ではなく緩やかにクレッシェンドしているか、注目しながらゆっくりやってみてください。

・上手くいったら
音域をあげることと、徐々に短く吹く練習をやります~(*^^*)

●フィンガリング
柔らかくは動かせていましたが、その動きは大きく動かさないように気をつけてみました。
まずはキーをあげるときに「上げすぎない事」を気をつけてみると善いかと思います。

第1関節が反っていないかも気をつけてみてください。
新着レッスンノート

●音階 高いところまで指を確認しながらゆっくり吹きました。まずはゆっくりひとつひとつの音に息をしっかり入れるイメージで吹き込み、少しずつテンポを上げて吹きましょう。 ●音域が狭い範囲での音階も練習しました。 指がスムーズに動くように、メトロノームと練習してみてください。 アーティキ...

●組み立て方確認 ●リード 以前よりもコシのあるものを使われていましたので、音色が太くなり、落ち着いた音色になりました。 ●教則本 26-1〜4 タンギングをする場所、指の動かし方を中心に練習していきました。 音が繋がりにくいところは息を抜いてしまわずに、息とフィンガリングで...

●音階 C dur 1.2.4.7番 久しぶりでしたので、ロングトーンや音階を重点的に練習しました。 音階で付点練習をやり、均等に音を並ぶように気をつけて練習しました。 タンギング、きれいでした。 音が飛ぶところは間の音が混じらないように気をつけて、スラーがしっかりつながるように息...

●リードについて、セッティング 今お使いのリードとその前のリード、さらにその中間のリード(V12といいます)のお話をしました。 楽に息が入り、好きな音色で吹けるものを探して参りましょう リードの付け方(お話しそびれましたが、リガチャーはぎゅっと締めすぎないようにしてみてください)、調整...

●音階 H dur 暗譜で吹きました。 暗譜で吹きながら、アーティキュレーションをつけて練習してみてください。 発音の状態をゆっくり確認しながら吹くのも良いと思います。 ●教則本 32番 よく譜読みできていましたが、強弱をしっかりつけること、リテヌート加減を練習してみました。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta