音楽教室クラリネット教室レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●リードの話
セッティングしているリードが全体的に厚めのように感じられました。10枚中、6枚以上厚い場合は今の銀箱から青箱にしても良さそうですね。
今のままのリードで頑張るときは噛む力を少しだけ強めて、スピード感のある息で吹くようにしてみてください。

●部活の曲から
・冒頭部分
一番の難所ですが、部分ごとに練習しました。
トリルは吹かないで三拍目から吹く練習を沢山やりましょう。三拍目の16分音符は遅れやすいので、前の符点八分音符は最後まで伸ばさないで軽く抜いて、楽に吹きましょう。

16分音符の動きはコンパクトに動かしたいので素早い動きを取り出して練習します。またやりましょう♪

・アーティキュレーション
テーマのメロディはアーティキュレーションをしっかり守りましょう。特に強拍になる拍の頭の音はタンギングを忘れずにしてください。

・中間部の歌い方を練習しました。
音の変わり目が1音ずつ中膨らみしてしまわないように、ゆっくり吹いて確認しました。すこし厚めなリードを吹くときは特に気をつけて、音をよく聞いて練習するように意識してみてください。

●アンブシュア
タンギングすると顎が動きやすいみたいです。
一音ずつの発音をするときに、タンギングをしないで「はっはっ」と発音して、顎が動かないように気を付けながら息が沢山通る感覚を意識して練習します。
その後、軽~くタンギングをして、安定したアンブシュアで舌の力に頼らない発音を目指して練習していきましょう。
~(*^^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

クラリネット&バスクラリネット教室♪
池田めぐみ (クラリネット)

渋谷・新宿・池袋・秋葉原・南浦和・浦和・戸田公園・蕨

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta