音楽教室クラリネット教室レッスンノート バスクラリネットレッスン♪

バスクラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●組み立て方、構え方
組み立ての確認をしてからはじめました。
ベルのところのジョイントはタンポを押さえてから接続させます。

角度を少し作って傾けるのでストラップをつかったみてください。猫背にならない高さで座ります。

●仕掛けについて
マウスピースを取り替えて吹いてみたりしました。
慣れれば4cでもいけるかと思いますが、力まずに太く鳴らすのはバンドレンのB40はお薦めではあります~(*^^*)
リードは大丈夫そうでした♪

●跳躍
音程に幅が広い時ほど、音が出るツボを狙って吹きます。

・タンギングをしないで、息で当てにいく練習をやりました。
「ド→シ、ド→ラ、ド→ソ、ド→ファ」とタンギングをしない練習と、タンギングをして吹くパターンをやってみてください。

・「ドー→ソー(休み)、ソー」と音を吹き直して確認する練習も効果的かと思います。

中音域にいくときも同様に「ソ、ラ、シ、ド、レ」を息だけの発音と、タンギングする発音の両パターンを練習しました。しっかりとした鳴り方になりました♪

特にに中音域は高めのテンションで息を入れてみてください~(*^^*)

●0スタートをやり、リラックスしながら息を沢山送り込む練習をして、響きをのある音を作りました。

中音域は息を絞り出す感覚で口がしまりすぎてしまいやすいので、時々0スタートを復習してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

クラリネット&バスクラリネット教室♪
池田めぐみ (クラリネット)

渋谷・新宿・池袋・秋葉原・南浦和・浦和・戸田公園・蕨

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta