サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート バスクラリネットレッスン♪

バスクラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●組み立て方、構え方
組み立ての確認をしてからはじめました。
ベルのところのジョイントはタンポを押さえてから接続させます。

角度を少し作って傾けるのでストラップをつかったみてください。猫背にならない高さで座ります。

●仕掛けについて
マウスピースを取り替えて吹いてみたりしました。
慣れれば4cでもいけるかと思いますが、力まずに太く鳴らすのはバンドレンのB40はお薦めではあります~(*^^*)
リードは大丈夫そうでした♪

●跳躍
音程に幅が広い時ほど、音が出るツボを狙って吹きます。

・タンギングをしないで、息で当てにいく練習をやりました。
「ド→シ、ド→ラ、ド→ソ、ド→ファ」とタンギングをしない練習と、タンギングをして吹くパターンをやってみてください。

・「ドー→ソー(休み)、ソー」と音を吹き直して確認する練習も効果的かと思います。

中音域にいくときも同様に「ソ、ラ、シ、ド、レ」を息だけの発音と、タンギングする発音の両パターンを練習しました。しっかりとした鳴り方になりました♪

特にに中音域は高めのテンションで息を入れてみてください~(*^^*)

●0スタートをやり、リラックスしながら息を沢山送り込む練習をして、響きをのある音を作りました。

中音域は息を絞り出す感覚で口がしまりすぎてしまいやすいので、時々0スタートを復習してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●リード 少し厚めな感じでしたが、曲を吹き始めるとなるほどといった感じでした。柔らかな音と力強さがありました しっかり吹き込んで反応を善くしているのですが、強く発音するときに口を緩める度合いが多い、または舌をつく力が強くてピッチが低めになるのが気になりました。 ●トリオの歌いか...

これからの方向についてご相談しました。一先ずお持ちのものを少しずつやって参りましょう。 ●音階 #のものからやってみたいと思います。 レガートが綺麗に続くようにたっぷりと息を入れて、まずらスラーで吹いてみてください。 滑らかに行きにくいところは符点練習をやってみると善いかと思います。 ...

●マウスピースについて 付属品のものとバンドレンという、会社の物を吹いてみて頂きました。 私は5RVライヤーというものを使っています。 M30というものも吹きやすいのでこちらも次回吹いてみてください こちらを吹いている間に、ブレスがしっかりしてきて楽器にしっかりと息が入ってきまし...

●今後の課題についてお話しました。 ●曲について クラリネットソロの曲を練習することが多く、その後duoを練習しておりました。 進んで練習できるように、バスクラらしさが出る曲もご紹介しました。 「ボザ/バラード」 ●duoの曲を引き続きやろうと思います。 曲集の中からい...

●音階 高い音も徐々に指使いが慣れてくると思いますのでバンバン吹いて参りましょう。 アルペジオはゆっくりと音のつながりを意識してのんびり吹く習慣をつけてみてください。 指の動きもこのときに気を付けるようにしてみましょう。 ●教則本 今回から始めたエチュードは25のエチュードで...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta