サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート バスクラリネットレッスン♪

バスクラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●組み立て方、構え方
組み立ての確認をしてからはじめました。
ベルのところのジョイントはタンポを押さえてから接続させます。

角度を少し作って傾けるのでストラップをつかったみてください。猫背にならない高さで座ります。

●仕掛けについて
マウスピースを取り替えて吹いてみたりしました。
慣れれば4cでもいけるかと思いますが、力まずに太く鳴らすのはバンドレンのB40はお薦めではあります~(*^^*)
リードは大丈夫そうでした♪

●跳躍
音程に幅が広い時ほど、音が出るツボを狙って吹きます。

・タンギングをしないで、息で当てにいく練習をやりました。
「ド→シ、ド→ラ、ド→ソ、ド→ファ」とタンギングをしない練習と、タンギングをして吹くパターンをやってみてください。

・「ドー→ソー(休み)、ソー」と音を吹き直して確認する練習も効果的かと思います。

中音域にいくときも同様に「ソ、ラ、シ、ド、レ」を息だけの発音と、タンギングする発音の両パターンを練習しました。しっかりとした鳴り方になりました♪

特にに中音域は高めのテンションで息を入れてみてください~(*^^*)

●0スタートをやり、リラックスしながら息を沢山送り込む練習をして、響きをのある音を作りました。

中音域は息を絞り出す感覚で口がしまりすぎてしまいやすいので、時々0スタートを復習してみてください。
新着レッスンノート

●音階 高いところまで指を確認しながらゆっくり吹きました。まずはゆっくりひとつひとつの音に息をしっかり入れるイメージで吹き込み、少しずつテンポを上げて吹きましょう。 ●音域が狭い範囲での音階も練習しました。 指がスムーズに動くように、メトロノームと練習してみてください。 アーティキ...

●組み立て方確認 ●リード 以前よりもコシのあるものを使われていましたので、音色が太くなり、落ち着いた音色になりました。 ●教則本 26-1〜4 タンギングをする場所、指の動かし方を中心に練習していきました。 音が繋がりにくいところは息を抜いてしまわずに、息とフィンガリングで...

●音階 C dur 1.2.4.7番 久しぶりでしたので、ロングトーンや音階を重点的に練習しました。 音階で付点練習をやり、均等に音を並ぶように気をつけて練習しました。 タンギング、きれいでした。 音が飛ぶところは間の音が混じらないように気をつけて、スラーがしっかりつながるように息...

●リードについて、セッティング 今お使いのリードとその前のリード、さらにその中間のリード(V12といいます)のお話をしました。 楽に息が入り、好きな音色で吹けるものを探して参りましょう リードの付け方(お話しそびれましたが、リガチャーはぎゅっと締めすぎないようにしてみてください)、調整...

●音階 H dur 暗譜で吹きました。 暗譜で吹きながら、アーティキュレーションをつけて練習してみてください。 発音の状態をゆっくり確認しながら吹くのも良いと思います。 ●教則本 32番 よく譜読みできていましたが、強弱をしっかりつけること、リテヌート加減を練習してみました。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta