サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●音階
拍単位ではなく、2拍ずつの2拍子の意識を持ちながらゆったりと吹いてみました。フレーズのある曲を吹くように滑らかに演奏できました。

アーティキュレーションをつけて、メトロノームと一緒に練習しました。どこの音域も均等に動くように練習してみてください。

●アルペジオ
速いテンポで吹けるので、今度はゆっくりなテンポで、よりレガートになるように気を付けながら、深い息で練習しました。指も柔らかく動くように意識してみました。

●指の動かしかたについて
キーから指をあげるときに、元気に上がりすぎないように気を付けてみました。出来るだけ柔軟に動くように力が入らないようにしてみてください。

●0スタート
アンブシュアを考えながら練習してみました。綺麗なしっかりした音色で吹かれていましたが、息もれをなくしてリラックスしたアンブシュアにしていきましょう。

・0<fまでを練習
ノイズを乗せてスタートさせて、「いつ音になったかわからないから位」のクレッシェンドを練習してみてください。
上手く行かないときはf>0を練習してからf>0<fを練習しました。

・出来る音域をあげました。どんどん上の音域まであげてみてください。

・0<fにかかる時間を少しずつ短く

●曲
duoを吹きました。フレーズごとの歌いかた、伴奏の時のバランス、フレーズ感、高音のメロディーや跳躍の練習などをやっていきたいと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 タンギング研究を中心にやりました。 中音域の上行系が出来れば大分完成に近づいておりますがー、「息だけの発音」をレッスンでやる前からクリアな発音が直ぐ出来るようになるまで、スキルupして参りましょう。 音域によっての息やアンブシュアのチェンジがとても必要ですが、リードごとに、更...

●リードについて 今、用意できる息の圧力に対してリードが重すぎないように、息とリードを研究してみました。 軽いリードで吹くには緩やかな柔軟なアンブシュアが必要で、リードに合わせてこちらでコントロールしてあげる事がとても大切です。 まずはやや軽いリード、見つけてみてください ●...

●ロングトーン しっかりと息を吹き込めるようにリラックスしてアンブシュアを作りましょう。 構える角度で音色も音量も変わってくると思いますので、ベストな位置を思い出しながらロングトーンしてみてください。 ●教則本 しっかりと吹き込んで息の確認をする教則本をじっくりとやってみました...

●ロングトーン 音が揺れず、伸びやかに伸ばせていました。 レジスターで上がるときには左の親指は上下にスライドさせずに親指の端を軽く傾ける感じで押すように意識してみると、滑らかに上の音に上がれると思います。 低い音はたっぷりと息を吹き込みましょう ●音階 ラシドの動きは大分自...

●リード 少し厚めな感じでしたが、曲を吹き始めるとなるほどといった感じでした。柔らかな音と力強さがありました しっかり吹き込んで反応を善くしているのですが、強く発音するときに口を緩める度合いが多い、または舌をつく力が強くてピッチが低めになるのが気になりました。 ●トリオの歌いか...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta