サイタ音楽教室クラリネット教室 千葉 スズキクラリネットスクール レッスンノート クラリネットの奏法 練習曲

クラリネットの奏法 練習曲

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

こんばんは(^o^)。本日はレッスンお疲れ様でした。
今日はまずパッチを貼らせていただきました。しっかり貼り付けたので、これでマウスピースの傷も防ぎ、アンブシュアの前歯の位置も安定するかなと思います^_^。

アンブシュアの深さを少し気を付けて、音色が潰れないようにしましょう。アンブシュアのアゴの形はとても良いです。そして、音が真っ直ぐで安定しているのでとても良いです。さらにしっかり鳴らすために腹式呼吸を意識しましょう(^-^)。体を前に倒して腰に手を当ててブレスをして、きちんと膨らむかどうか、まずは体の中の空気を全部出すことがポイントです。肩が上がらないように気を付けて、なるべくお腹の下の方から息が溜まっていくイメージを持ってブレスしましょう。

練習曲はどれもとても良かったです(^o^)。
真っ直ぐな音が出せることが音楽作りの一番の土台となります。指使いでは、シとシ♭の指を再度チェックしましょう。あとは、小指と薬指を鍛えていけたらと思います。
ゆっくりでいいので、今日の指練習を繰り返してみてください。その際、鏡で指や手全体のフォームを見られるといいかなと思います。特に小指の先でキーが押さえられているかどうか、チェックできるといいですね。

とても良いものをお持ちだなと思っています(^-^)。当時ご指導いただいた方がとても熱心で良い方だったのだなと思います。正しい奏法を最初から身に付けると伸びも早いです(^_^)。今後もとても楽しみです(*^_^*)。
このレッスンノートを書いたコーチ

パリ音楽院に留学経験あり。豊富な指導経験で初心者も安心のレッスン

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした(^_^)。 課題曲、今日は一緒に演奏しましたね。 全体的にはとても良く吹けていました(^ω^)。 全部押さえたシのスタッカートは息の圧力が必要なので、圧力をかけたまま、リードから舌を離すようにしてシの発音がはっきりするようにしてみましょう。トリオのなめらな...

こんばんは(^ω^)。レッスンお疲れ様でした。 今日も最初に基礎を少しやりました。 ロングトーンをやると音色の感覚が良くなると思います。レジスターキーを押さえて上に上がる時に余計な力を入れずに、スムーズに出るようにしましょう。少し引っ掛かったり、うまく繋がらない時は、少し深くくわえ過ぎ...

レッスンお疲れ様でした(^_^) 今日は、まず音階を少しやりました。 指のフォームに少し気を付けて、必ずテヌートタンギングとスタッカートも付けて練習しましょう。音色も少し広がり気味なので、口の中を広げ過ぎず、マウスピースのくわえ方も、これ以上深くならないように気を付けてくださいね(^-^)...

レッスンお疲れ様でした(^_^)。 久しぶりのレッスンでしたが、リードの状態も良いものを選べているようですし、良い感覚は保たれているかなと思います(^-^)。 一曲目は、譜読みもしっかりできていて良かったですが、アーティキュレーションだけ特に気になりました。もう一度よく見て、ゆっくり丁寧に...

レッスンお疲れ様でした(^_^)。 高い音域の指使いも、もうしっかり覚えたようですね。どんな音域も怖がらずに挑戦できると思います。 音階は、長調はだいぶスムーズですね。ここまで調号が付くと、小指などの運指は決まってくるので、ある程度安定してくると思います。さらにアーティキュレーションも変化...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta