音楽教室クラリネット教室レッスンノート クラリネットの奏法 練習曲

クラリネットの奏法 練習曲

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

こんばんは(^o^)。本日はレッスンお疲れ様でした。
今日はまずパッチを貼らせていただきました。しっかり貼り付けたので、これでマウスピースの傷も防ぎ、アンブシュアの前歯の位置も安定するかなと思います^_^。

アンブシュアの深さを少し気を付けて、音色が潰れないようにしましょう。アンブシュアのアゴの形はとても良いです。そして、音が真っ直ぐで安定しているのでとても良いです。さらにしっかり鳴らすために腹式呼吸を意識しましょう(^-^)。体を前に倒して腰に手を当ててブレスをして、きちんと膨らむかどうか、まずは体の中の空気を全部出すことがポイントです。肩が上がらないように気を付けて、なるべくお腹の下の方から息が溜まっていくイメージを持ってブレスしましょう。

練習曲はどれもとても良かったです(^o^)。
真っ直ぐな音が出せることが音楽作りの一番の土台となります。指使いでは、シとシ♭の指を再度チェックしましょう。あとは、小指と薬指を鍛えていけたらと思います。
ゆっくりでいいので、今日の指練習を繰り返してみてください。その際、鏡で指や手全体のフォームを見られるといいかなと思います。特に小指の先でキーが押さえられているかどうか、チェックできるといいですね。

とても良いものをお持ちだなと思っています(^-^)。当時ご指導いただいた方がとても熱心で良い方だったのだなと思います。正しい奏法を最初から身に付けると伸びも早いです(^_^)。今後もとても楽しみです(*^_^*)。
このレッスンノートを書いたコーチ

パリ音楽院に留学経験あり。豊富な指導経験で初心者も安心のレッスン

スズキクラリネットスクール
鈴木貴子 (クラリネット)

新松戸・西船橋・松戸・南柏・柏・我孫子

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta