音楽教室クラリネット教室レッスンノート 本日のまとめ

本日のまとめ

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れ様でした。

・スケールの分散で切れやすい所は息でもっていきましょう。
指は綺麗に出来ています。


・右手薬指の5番キーを使うときは常に根元を押す癖をつけましょう。
普通に押すと音程が下がってしまいますので注意して下さい。


・バルトークは強弱等書いてある事は大袈裟にやった方が良いと思います。


・シューマンの2楽章(trio)は軽くて良いと思います。今日くらいでちょうど良いと思いますが、指揮者の方がどのようなイメージをもっているのかもう一度
確認してみて下さい。


・ブラームスの3楽章の頭はブレスがとても難しいですね。
無理をせず、本番で絶対大丈夫な位置を決めておきましょう。
ブレスの前後は弦の方々と相談して少しゆるめて貰う等工夫が必要です。


・4楽章のスタッカート部分は弦の方々と打ち合わせさえ出来ていれば
クラは自由に揺れて大丈夫です。
テンポ通りで表現が乏しくならないよう注意しましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

パリの音楽院のディプロムを主席で取得!自由な演奏の第一歩をサポート

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta