音楽教室クラリネット教室レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●スケール
順調に吹けていましたが、高音に差し掛かるあたりからも弱気にならずに、息をクレッシェンドしていきましょう。

アルペジオも丁寧でしたが、音の揺れが気になりました。注意が口に集中するとさらに揺れてしまうとのことですが、息の支えを意識したりアンブシュアが変わらないような作戦を見つけていきましょう。

たーらたったっというアーティキュレーションではまだ頭の音が短くなり、スタッカートの間隔もつまりやすいので引き続き気を付けてください。

●ローズ
単調にならないように、音符の流れで起伏を作りましょう。フレーズの中でも盛り上がるところ、落ち着くところをよく意識して表現していきましょう。

●ドビュッシー
柔らかな雰囲気はよく出ているので、伸ばしている場面でもテンポをきちんと把握して、カウントしながら進めてください。曖昧にならないように、楽譜もきっちりとソルフェージュしてから自由になりましょう。

音量の設定も細部に渡って細かく設定してみてください。~(*^^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

クラリネット&バスクラリネット教室♪
池田めぐみ (クラリネット)

渋谷・新宿・池袋・秋葉原・南浦和・浦和・戸田公園・蕨

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta