音楽教室クラリネット教室レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●0スタート
・ノイズのみで、息をたっぷり乗せてクレッシェンドします。リラックスしたアンブシュアを作りました。段々じわじわと音になるように研究しました。下の音や上の音がひっかからないように練習します。
音程も少し下がり、音の響きも安定してきました。

音域を上げていきます。

・段々短くする練習もやりました。短くしていく感覚を掴むのには時計の秒針や、メトロノームを使ってみると良いでしょう~(*^^*)

●アンブシュア
上唇の緊張が気になりました。0スタートで緊張をほどよく取り、自然に被せるようなスタイルになると、音程と響きも良くなってくるかと思います。

●音程を変える
「開放のソ」の音を吹きながら下唇を緩ませて音程を上げたり下げたりして柔軟なアンブシュアへのトレーニングをやってみました。こちらもチューナーを見ながらやってみると解りやすいですね♪

●リードミス大会
リードミスが出たところは、わざとリードミスをして、出すべき音とリードミスになってしまった音を吹き比べて、それぞれの音を狙う練習をやりました。

●跳躍
こちらは2音を別々に出してそれぞれの狙うべきと頃を確認して、それから間隔をつめてスラーにしていきました。とても綺麗につながるようになりました♪

●音階
今日はハ長調でした。アーティキュレーションをつけて、息だけの発音もやってみました。それから舌も軽くつけてみましたが、タンギングとはいえ息が大切なのが解っていただけたら嬉しいです~(*^^*)

●タンギング
最速で吹いたり、数を増やしていく練習をやってみました。怖がらず、息を流して参りましょう♪

全体的にきれいな音色で柔らかく吹かれていました。
その音を活かしつつ、苦手意識がある高音やタンギングをアンブシュアを含めながらまだまだ様々なトレーニング方法もありますので、少しずつトレーニングされていかれたらよいなあと思いました。
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

クラリネット&バスクラリネット教室♪
池田めぐみ (クラリネット)

渋谷・新宿・池袋・秋葉原・南浦和・浦和・戸田公園・蕨

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta