音楽教室クラリネット教室レッスンノート Beethoven:Symphony no.9 (前回の続き~)

Beethoven:Symphony no.9 (前回の続き~)

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

2月27日(土)

*クローゼクラリネット教本を使用して、ウオーミングアップ


*Beethoven:交響曲第9番の部分練習


 第3楽章

 ≪旋律の部分の練習≫
 
・1stのパートと一緒に合わせる
・8分音符をたっぷり、ゆったり、丁寧に演奏するように心がける。
(特に1stとの掛け合いになるフレーズに気をつける。歌う。1stをよく聴きながら吹く)



 第4楽章

 ≪マーチの部分練習≫

・第3楽章と同様に、この楽章でも8分音符を慌てずに吹く

・8分音符と付点4分音符が続くリズムの時は、2つがくっつき過ぎないように、特に8分音符を意識して吹く
(Tempoが速くなった時もしっかりと息を入れることを忘れない)

・途中に出てくる(低いソラシドレミ)部分は、速くならないように
(速い時もゆっくり練習した時のように、焦らずしっかりと指を動かす)


 ≪Solistが入ってきたところの部分練習≫

・2ndの入りの練習(1stを聴きながら、小節を数える)


 ≪最後の部分≫

・上のラ~ドに下がる、連続するフレーズの練習
(ラの音を中心に考えて息を入れる。ベルの先を意識して音を出す)

・ラの音だけを練習する
(連続して練習する時に、毎回同じ息の圧力で息を入れる。できるようになったらドをつけて練習)



本日もお疲れさまでした!
1月からオケのレッスンをしてきましたが、全体を通してとても良くなりましたね!!

ゆっくりの楽章もタイミングやリズムもしっかりとしてきて、隣で吹いていて心地よかったです。

先月できていなかったところもとっても良くなったと思います!

あとは、いつもしっかりと息を入れることを忘れずに演奏されると良いかと思います。
速いテンポの部分も指と息が一致できるように落ち着いてやってみて下さいね。


リハーサル、本番共に、自信を持って、楽しんで演奏してきて下さい♪

上手くいきますように、応援しています
このレッスンノートを書いたコーチ

本場ドイツの芸大卒!現役吹奏楽部の方もブランクのある方も大歓迎

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta