サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭ クラリネットレッスン♪●...

B♭ クラリネットレッスン♪●...

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

B♭ クラリネットレッスン♪
●音階
スラー、アーティキュレーションを変えて吹きました。綺麗に吹けていましたが、2つの音でひとまとめになってしまっていたので、4つずつにしてフレーズを作りました。

姿勢にも気を付けて、重心をおへそ辺りになるように、ひざにも力を少し入れて支えるような構えにしてみました。

●学校の曲
・タンギング
アゴが動かないように気を付けましたが、吹き終わってからアンブシャーを維持するのが難しいようです。「話しをして口を閉じない」ような感覚で、アゴが戻らないように意識をしてみました。タンギングするとピッチが下がってしまうので、是非なくしていきましょう。

0スタートをして、その少し早いものを練習してアゴのトレーニングをしてみてください。

・ゆっくりなフレーズ
音符がシンプルになっても歌う気持ちを忘れずに行きたいですね。伴奏でもフレーズを意識して、発音も曲想に合うように柔らかくしてみました。かなり歌えるようになったので、その調子でいきましょう。

・16分音符
符点練習をそれぞれの場所で何パターンもやりました。少しびっこも解消出来たので、続けて練習してみてください。\(^^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

クラブの曲をレッスンしました ●リズムを理解するためには4分音符をカウントすることがとても大切です。 メトロノームに合わせて手をたたく練習を是非お家でもやってみてください。 リズムをしゃべりながらも手をたたきますが、出来るかぎりは手は4分音符でたたいていてください。 宿題のリ...

部活の曲をレッスンしました ●冒頭ゆったりしている部分ですが堂々としっかりと楽器を鳴らしましょう。 発音もはっきり気味に吹くと鳴ってくるかと思います。 ●速くなってからはアーティキュレーションをしっかり守りながらリズムを中心に譜読みしました。 符点八分音符は吹いたら軽く抜いて弾...

●音階 タンギング集中講座でしたが、怖くなると息が細くなり、鳴りにくい発音になってしまうようです。 息だけの発音を思いきってやり、初めのうちは汚くて構いませんので息をしっかり入れる度胸(笑)をつけてみてください。 ●クレプシュ 概ね良好です。 繰り返した時の精度になると更によ...

●音階 新しく追加された調はまだどのような音の響きなのかイメージしにくいかと思いますが、まずは1オクターブを吹いて調の性格を掴み、次のオクターブ、下降と慣れてみてください。 今までの調は、随分柔軟に柔軟に吹けるようになられたかと思います。 リードのセッティング方法は、概ね良好で厚...

オーディションの課題をレッスンしました ●マーチ タンギングしたときと、タンギングしていないときの音色が同じようにきれいに吹けるように練習しました。 タンギングをしないでスラーで吹いて、音色や息の入りかたを確認して、少しずつタンギングして、だんだんハッキリと吹くようにしました。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta