サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭ クラリネットレッスン♪●...

B♭ クラリネットレッスン♪●...

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

B♭ クラリネットレッスン♪
●ロングトーン
よい音でしっかり伸ばせていました。
レジスターキーで上がった時に揺れずにキープする事は引き続き気をつけていけたらいいなと思います。

●半音階
レジスターなしの下管、なしの上管、レジスターを押した下管、上管と部分ごとに分けて練習して、つなげて練習するようなメニューにしてみてください。
慣れてきたらメトロノームと一緒にゆっくりから練習しましょう。
びっこを引いていたら符点練習をしてみてください。

●音階a- moll
スラー、アーティキュレーションをつけて、安定した音階でした。スタッカートは少しクリアになるように、息だけで発音する練習をして、さらにしっかり息が入るような練習をしました。

●あごの動き
準備しているアンブシャーと、いざ音を出した時のギャップがあるようです。
吹いてみたら口をゆるませずに、そのままの口の形をkeepしておく練習をしました。
keepした口で吹き直す事ができたらバッチリ♪なのでこれも引き続き練習してみてください。

●ランスロ7番
階名読みをしては吹く事を繰り返しました。タンギングの練習ですが、八分音符の前の四分音符の長さについても考えました。「たー」ではなく「たあん」になるように吹き終わる形を作れました(*^^*)

簡単な音符ほど、吹き終わるときの形が大切なので、いつも「どんな長さにしようかな」と考えるようにしてみましょう\(^^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●教則本 音階やアルペジオを練習しました。 指の動きなど、おおむね大丈夫そうでしたが、キーから指を離すときに、指が上がり過ぎないように気をつけてみてください。 最短距離で指を軽く動かしましょう♪ 楽器に息がたっぷり入るように、噛み過ぎず、ゆる過ぎず、程よいアンブシュアを研究して参り...

●音階 スケールの練習の仕方をお話しました。 高い音の指使いは動きの早い時とゆっくりと跳躍するときはそれぞれやりやすい指使いがありますので、これから追ってお話させて頂きたいと思います 2番と7番はゆっくりと、むらなく、指の動きにも注意して吹いてみてください♪ ●教則本 ...

●ロングトーン 少し息が入りにくいところがあるのかな?と思いました。 アンブシュアの加減を色々試して息が入りやすいところを見つけてみてくださいね。 音域によっても力の加減は変わってくるかと思います。 ●グルウサン ロングトーンに近い内容ですが、音域ごとに分けて吹いてみました。 ...

●音階 跳躍はレガートもタンギングも綺麗に吹かれていまし た。 今回は少し軽めに吹かれていたように感じましたが、体調の良い時は積極的に息を吹き込んで行きましょう。 ●クレプシュ テンポを落として確実狙いで吹きました。 落ちついて吹いて良い流れだったかと思います。 ●教則本 ...

クラブの曲を練習しました ●曲の頭の部分はリズミカルだけど静かな感じを出して吹いてみました。小さくてもリズムをはっきりとふきましょう。 ●スラーの部分はブレスをぎりぎりまでガマンして、音楽が途中で切れてしまわないように気をつけて吹きました。少しの時間で素早くブレスを取るように練習してみ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta