サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭ クラリネットレッスン♪●...

B♭ クラリネットレッスン♪●...

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

B♭ クラリネットレッスン♪
●ロングトーン
よい音でしっかり伸ばせていました。
レジスターキーで上がった時に揺れずにキープする事は引き続き気をつけていけたらいいなと思います。

●半音階
レジスターなしの下管、なしの上管、レジスターを押した下管、上管と部分ごとに分けて練習して、つなげて練習するようなメニューにしてみてください。
慣れてきたらメトロノームと一緒にゆっくりから練習しましょう。
びっこを引いていたら符点練習をしてみてください。

●音階a- moll
スラー、アーティキュレーションをつけて、安定した音階でした。スタッカートは少しクリアになるように、息だけで発音する練習をして、さらにしっかり息が入るような練習をしました。

●あごの動き
準備しているアンブシャーと、いざ音を出した時のギャップがあるようです。
吹いてみたら口をゆるませずに、そのままの口の形をkeepしておく練習をしました。
keepした口で吹き直す事ができたらバッチリ♪なのでこれも引き続き練習してみてください。

●ランスロ7番
階名読みをしては吹く事を繰り返しました。タンギングの練習ですが、八分音符の前の四分音符の長さについても考えました。「たー」ではなく「たあん」になるように吹き終わる形を作れました(*^^*)

簡単な音符ほど、吹き終わるときの形が大切なので、いつも「どんな長さにしようかな」と考えるようにしてみましょう\(^^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 音域が変わるところの繋がりも随分良くなってきました。 慣れてきた調はテンポを上げても良さそうです。 前に吹いていた調の♭や#を引きずってしまうことも少なくなってきました。 リードのセッティングも少し変わると変化しますので、引き続きベストな鳴りを探して参りましょう。 ...

●音階 スラーでたっぷり吹き込んでからタンギングをやりました。 高音域のスラーは途切れないように単音ずつ吹いて徐々につなげる練習もやりました。 大分、形が見えるようになりましたが、中音域はあと少し息を入れましょう♪ ●クレプシュ よく吹けていました。 曲想も出していきたいの...

オーケストラの曲をレッスンしました ●まずはセッティングを見せていただきました。 抵抗がやや強いマウスピースを使われているので、リードを軽くするか(→V12三番)、マウスピースを楽なものに(5RVライヤー)代えて練習もしてみました。 A管も吹かれるので軽くしておくとクレッシ...

●半音階 指の動きを確認しました。 まだ部分的にくり返して、楽譜を見なくても自然に指が動くように、覚えるまで吹いてみてください。 しばらく吹いているとエンジンがかかってくるようですそれまでは必ずスラーで練習をして、息の流れを確認してみてください。 タンギングも初めからスタ...

●ロングトーン三種類 感覚を取り戻すためにロングトーンをたっぷりやってみました。 特に苦しい感じではなく、鳴らせているなと感じました。 ●音階 中音域のシドになると急に「うっ、」といった感じに苦しくなってしまうようでした。 指を押さえなくては、と指が力んでしまい、そのままアン...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta