サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭ クラリネットレッスン♪●...

B♭ クラリネットレッスン♪●...

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

B♭ クラリネットレッスン♪
●ロングトーン
よい音でしっかり伸ばせていました。
レジスターキーで上がった時に揺れずにキープする事は引き続き気をつけていけたらいいなと思います。

●半音階
レジスターなしの下管、なしの上管、レジスターを押した下管、上管と部分ごとに分けて練習して、つなげて練習するようなメニューにしてみてください。
慣れてきたらメトロノームと一緒にゆっくりから練習しましょう。
びっこを引いていたら符点練習をしてみてください。

●音階a- moll
スラー、アーティキュレーションをつけて、安定した音階でした。スタッカートは少しクリアになるように、息だけで発音する練習をして、さらにしっかり息が入るような練習をしました。

●あごの動き
準備しているアンブシャーと、いざ音を出した時のギャップがあるようです。
吹いてみたら口をゆるませずに、そのままの口の形をkeepしておく練習をしました。
keepした口で吹き直す事ができたらバッチリ♪なのでこれも引き続き練習してみてください。

●ランスロ7番
階名読みをしては吹く事を繰り返しました。タンギングの練習ですが、八分音符の前の四分音符の長さについても考えました。「たー」ではなく「たあん」になるように吹き終わる形を作れました(*^^*)

簡単な音符ほど、吹き終わるときの形が大切なので、いつも「どんな長さにしようかな」と考えるようにしてみましょう\(^^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 リードがやや軽いのか、若干乾燥気味に聞こえました。 太く息を入れたり響きを意識して、微妙に噛む力を加減しながら、そのリードでベストな鳴りかたをいつも意識できるといいなあと思います。 (私もいつも考えてるところです) タンギングでの息の確認。 引き続き「細くならないように」...

●音階 指の動きと鳴りかたがスムーズになってきました。 新しい調を少しずつ追加する予定ですが今までの調を中心にさらに定着して参りましょう。 特に低音域の響きが豊かに感じられました。 ●初歩 ラシの動きも流れてきましたので今回から開始しました。 順番に上り降りをする動きと...

クラブの曲をレッスンしました ●リズムを理解するためには4分音符をカウントすることがとても大切です。 メトロノームに合わせて手をたたく練習を是非お家でもやってみてください。 リズムをしゃべりながらも手をたたきますが、出来るかぎりは手は4分音符でたたいていてください。 宿題のリ...

部活の曲をレッスンしました ●冒頭ゆったりしている部分ですが堂々としっかりと楽器を鳴らしましょう。 発音もはっきり気味に吹くと鳴ってくるかと思います。 ●速くなってからはアーティキュレーションをしっかり守りながらリズムを中心に譜読みしました。 符点八分音符は吹いたら軽く抜いて弾...

●音階 タンギング集中講座でしたが、怖くなると息が細くなり、鳴りにくい発音になってしまうようです。 息だけの発音を思いきってやり、初めのうちは汚くて構いませんので息をしっかり入れる度胸(笑)をつけてみてください。 ●クレプシュ 概ね良好です。 繰り返した時の精度になると更によ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta