サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭ クラリネットレッスン♪エチュ...

B♭ クラリネットレッスン♪エチュ...

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

B♭ クラリネットレッスン♪エチュード相談
●アイヒラー/スケールC-dur
・1番
高い音に挑戦しました。難しいところですがすんなりと音が出ましたので、あとは順番に並べる事に慣れていってください(><)いきなり全部を吹こうとするより、音を2つずつ吹いてみていかれたら慣れも速いかもしれません。ファイトです。
・比較的音が出しやすいところは均等に音が並ぶように練習してみてください。
・「ラシド」は右手は押さえておく、息をクレッシェンド!すると綺麗につながりました。次回は左人差し指の動きを中心に練習してみます。

・2番
加線の読み方のコツをお話しました。特に学生時代に楽譜を読むのが遅くて苦労した私なりの一例ですが、ご自身のコツを掴まれたら速いかと思います。(*^^*)
・スラーでゆっくり、その主和音しか出てきませんので挑戦してみてください。

・4番
スラーで練習しました。こちらもつながりにくいところは部分的に取り出してゆっくり練習してみましょう。

●マウスピースのお話
モデルによって、また同じモデルでも個体差がありますのでじっくり選びます。当日に吹きやすいリードを複数枚お持ちください。選ぶのはバンドレンの「5RVライヤー」または「M30」というものを予定しております♪
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 切り替えはややあるのですが、音色は安定していました。 発音も良好でした。 指が不安なところはテンポを落としましたが、いつも軽快です。 ●教則本 余裕があるところでは、カウントがやや疎かになり易く、テンポが前に行きすぎてしまいますので、心のカウントをしっかりととって慌てずに...

音階 ●高音域の研究中心ですが、くわえる深さを今回は加減してみました。 高い音でしっかりとした安定した響きの音が増えてきました 指使いでは時々右手の小指のキーが違う時がありますので注意してみてください。 左の人差し指のあなも開いてしまう場合があり、こちらの都合で楽器の高さも調整し...

●音階 指のバタつきが殆ど気にならなくなりました! 特にゆっくりな跳躍では落ちついたレガートがかかるようになり、響きも安定してきたように感じました 忙しい動きの番号の時も引き続き意識をしてみてください^_^ 発音も良好でした。 ●エチュード 綺麗に吹かれていました。 伸...

●音階 よい響きの音で吹かれていました。 高い音の指を確認しながら吹きました。 跳躍も口の切り替えをキッパリする事なくスラーで上がれるようになりたいので、に音だけを取り出して練習しました。 ますば別々に吹いて目指すツボの確認をしました。 徐々に音を長くしてこっそりと切り替えながら...

●音階 綺麗な音色で吹かれていました。 高い音は怖がらずにむしろクレッシェンドして息の流れを作って吹くようなイメージで参りましょう 発音もクリアで心地よく、綺麗です。 さらに発音の種類が広がると表現の幅が広がりそうです。 ●音の揺れ ゆっくりとタンギングした時に音の揺れが気に...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta