サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート バスクラリネットレッスン♪●早...

バスクラリネットレッスン♪●早...

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

バスクラリネットレッスン♪
●早春賦
高い音が鳴るツボを探す時間が以前より短縮されていました。
正しい運指ではなく、息で当てる場合(フラジオといいます)、いきなりあてるのがまだ難しいようです。
きっかけとなる息のスピードや、普段より強いアンブシャーで当てにいくトレーニングを引き続きしてみてください。
中音域と低音の鳴りがそのお陰で良くなってきました(*^^*)

前半のハモりは綺麗に出来ていました。時々カウントが崩れてしまうので、伸ばしている時や、休符の後は気を付けましょう。

●枯葉
こちらは安定した音色感で演奏されていました。
突然とはいえ、思い出されるのも速かったかと思います。
リズムや指使い、臨時記号も確認して、またレパートリーにされたら楽しいかと思います。
こちらは徐々に雰囲気作りもしていけたら善いかと思います。(*^^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

部活の曲をレッスンしました。 ●速いところがメトロノームに合っているか、チェックしながら、吹き方も確認していきました。 裏拍に山型アクセントがあるところは、頑張って強調してみましょう。 息をその拍に入れ直す感じです。 高音域は綺麗でスピード感もあり、とても良くなっていました。 ...

●組み立て方、構え方確認 楽器の組み立て方、構え方と、口の形などをお話しました。 下唇の巻き方を確認して今より2〜3ミリ深くくわえて吹いてみました。 リードの取り付け方た、リガチャーの締め加減、学校でも確認してみてください。 ●リードは使用するマウスピースや本体によっても相性があり...

●音出し、ロングトーン 何気ない音出しでありますが、取り付けたリードのコンディションを確認するために、解放の「ソ」の音から、順にゆっくりと下の音に降りていき、今度は上の音まで辿り着いてみてください。 特に決まりもありませんが、部屋での響き方、ご自身の息のご様子なども、どうかな?と確認しなが...

高い音を出そう! ●出しやすい音から半音で出していく練習をやりました。 ド→ド#→レ→レ#→ミ→ファ→ファ#と徐々に出せる音を増やしていきました。 ひっくり返りそうになるときは、アンブシュアを調整したり、角度、深さなども変えてみました。 リガチャーの締める位置も変えてみると当たり加...

●音出しロングトーン ウォームアップにレジスターキーを使ったロングトーンを吹きました。 ミー→シ、ファー→ドと、全音階で良いので上のファー→ドまで、したの音はしっかりたっぷり、上の音は柔らかくきれいにロングトーンしてみてください。 ●半音階 まずはスラーで吹いて、全ての音がきちんと...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta