サイタプログラミングスクールC言語プログラミング入門講座 神奈川 楽しめるC言語セミナー レッスンノート ガイダンス・関数

ガイダンス・関数

C言語プログラミング入門講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

6/29の体験レッスンの内容は、以下の通りです。

 ・ ガイダンス
 ・ 関数
  - 引数・戻り値
  - 関数の作成手順

なお詳細は、レッスン中に別途お渡ししたノートもあわせて参照してください。

□ ガイダンス

現状や要望確認を兼ねて、体験レッスンの冒頭でガイダンスを実施しました。

取り組み中の課題内容の確認、今後のレッスン方針決定も含んでいます。

レッスン方針としては、最優先で

 ・ 関数
 ・ ポインタ
 ・ ファイル処理

上記の文法レッスンを進めることを決めました。

□ 関数

今回の体験レッスンでは、手始めに関数をテーマとしました。

プログラミングにおける関数とは、

 ・ 自分自身に代わって、何らかの役割を果たすための仕組み

のようなものだと、認識しておいてください。

たとえば年賀状を出すという例においては、差出人である自分自身に対して

 ・ ポストから郵便局に年賀状を持っていく人
 ・ 郵便局内で年賀状を仕分ける人
 ・ 仕分けられた年賀状を送り先に配達する人

上記のような人達が関数にあたる、といった感じになります。

○ 引数・戻り値

さて、関数が何らかの役割を果たす際には、

 ・ 何らかの材料(入力情報)を、呼び出し元から渡してもらう
 ・ 何らかの成果(出力情報)を、呼び出し先に渡す

といったことが考えられます。

これらは場合によっては渡す必要がない時もあるので、渡す・渡さないといったことを決めておく必要があります。

さてこの時に、材料のことを引数、成果のことを戻り値と呼びます。

引数の渡し方や戻り値の渡し方については、後で説明します。

○ 関数の作成手順

関数の作成手順は、以下の(1)~(3)になります。

 (1) 関数のプロトタイプ宣言を記す
 (2) 関数本体の実装部分を記す
 (3) 関数を呼び出す処理を記す

(1)は、関数の引数や戻り値に関する仕様、関数名などを事前に宣言するものです。自己紹介的な位置付けと思ってください。

(2)は、関数の中で具体的にどんなことを実施するかを記します。

(1)と(2)によって、関数を必要に応じて使う準備が整えることができます。

後は、使いたいタイミングで(3)の部分を記すことになります。


それぞれの詳細(書き方など)については、次回のレッスンで説明しましょう。
新着レッスンノート

9/12のレッスン内容は、以下の通りです。 ・ポリモーフィズムについて ・Javaでの例外処理(try〜catch) 詳細は、お渡ししたノートを参照してください。 ポリモーフィズムは、オブジェクト指向の三大機能のひとつ(他にはカプセル化と継承があります)ですが、その中で...

9/5のレッスン内容は、以下の通りです。 ・ オブジェクト指向の考え方 □ オブジェクト指向の考え方 今取り組んでいるJavaは、純粋なオブジェクト指向のプログラミング言語に分類されます。そして、これはこれまで取り組んできたC言語とは、アプローチ的にも違うことをお話しし...

3/20のレッスン内容は、以下の通りです。 ・ 関数の再帰呼び出し 再帰呼び出しは自己呼び出しとも呼ばれ、関数が自分自身を「再帰的に」呼び出せるしくみのことです。 レッスンでは「1〜nまでの合計を求める」というお題で説明しましたが、他にも階乗、数列の漸化式などで用いられる仕...

3/15のレッスン内容は、以下の通りです。 ・ ポインタの基礎 ・ 変数の有効範囲 今回の詳細も、別途お渡ししたノートを参照してください。

3/15のレッスン内容は、以下の通りです。  ・ 配列の引数の取り扱い  ・ ポインタと配列・文字列の関係 今回の詳細は、別途お渡ししたノートを参照してください。

レッスンノート ページ先頭へ