プログラミングスクールC言語プログラミング入門講座レッスンノート 足し算・引き算のプログラム

足し算・引き算のプログラム

C言語プログラミング入門講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

6/25のレッスン内容は、以下の通りです。

 ○ 足し算・引き算を行うプログラムの作成

作成したプログラムは、以下のようなものです。

#include <stdio.h>

void main(void) {
 int a;
 int b;
 int c;

 a=10;
 b=5;

 c=a+b;
 printf("%d\n", c);

 c=a-b;
 printf("%d\n", c);
}

このプログラムから、文法面での重要事項を3点記します。

1. 変数の宣言

プログラム中で変数を使う場合、宣言が必要です。

宣言のしかたは、

 型名 変数名;

です(例: int a;)

2. main関数

プログラムを実行する場合、mainという名前の関数が必要です。

現状は、以下の{}の中に文を書くようにしましょう。

void main(void) {
 
}

3. 書式指定

printf()の中で変数の内容を出すような場合に指定するものです。

例えば、以下のものがあります。

 %d: 符号付きの整数値として出力
 %c: 文字として出力
 %f: 小数値として出力
このレッスンノートを書いたコーチ

富士通でソフトウェア開発を担当。楽しいプログラミングの醍醐味、教えます

楽しめるC言語セミナー
源田雄一 (C言語)

品川・戸塚・武蔵中原・立川・新横浜・中山・長津田・成瀬・町田・関内・石川町・東小金井...

レッスンノート ページ先頭へ

C言語情報

サイタのC言語講師がブログを通して、C言語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!