語学の習い事中国語教室レッスンノート 你的属相是什么?我属猪。

你的属相是什么?我属猪。

中国語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日のレッスンお疲れ様でした。

今回は、「自分のことを相手に紹介し、相手のことを聞くことができる」でした。

自分の名前や年齢は言うことができますが、その後はどんな会話をすればいいか
困るところです。

今日はそんな会話のきっかけになる、干支について学習しました。
干支は、会話では、「属相」といい、

你的属相是什么?
我属猪。

などと、年齢を聞くついでに干支の話を盛り込むと、話が弾むかもしれません。

また、〇〇は日本のどこにあるかという表現についても学習しました。

「 埼玉县在东京的北部。」または「埼玉县在东京的附近。」
「大阪在日本的中部。」など

〇〇(地名や国名)+的+北部/东部/东北部/中部/西部/南部/西南部

という、表現を知っておくと、場所に不慣れな中国人に喜ばれますね。

趣味の話では、
ウクレレが出てきました。
私もウクレレときいて、とっさに出て来なかったので調べてみました。
ウクレレは何種類か言い方があるようで、
「乌克丽丽/尤可里里/悠客力力・・・」など音をあてたものが見られました。
中国人に「?」な顔をされたら、
「乌克丽丽是一种夏威夷的乐器。」など説明を付け加えてみましょう。

また、スケボーという単語も出て来ました。
スケボーは調べて頂いたとおり「滑板」だそうです。
「玩儿」と一緒に使う事が多いようです。
こちらも説明するときは、
「有轮子的板子。许多小孩儿和年轻人都喜欢玩儿滑板。」
と説明してあげるのが良いと思います。

また、今日は会話の中で「可能補語」について色々とでてきました。
可能補語は奥が深く、使いこなせれば中国語マスター間違い無し!(笑)
少し長くなりますが、ここで整理してみましょう。

今回はお互いの混乱を避けるため、動詞の「食べる「吃」に限定して説明します。
なるべく簡単な説明にします。

まず、「吃不了」から見ていきましょう。
これは、「量が」たくさんあって食べきれない」
菜太多,吃不了。
お皿に山盛りの料理が出され、途中までは食べれていたけど、
どうも「食べきれない」という時に使います。

「吃不下」
これは、上の「吃不了」と似ていますが、
「満腹(または病気)で食べれない」

吃不下这么多。
料理は出されたけど、実はもう満腹(または病気)で食べることが無理そうだという
時にこちらを使います。

「吃不上」
これは、何らかの障害(物理的・心理的など)があって、
「食べ物にありつけない」「食いはぐれる」=「食べれない」
何か用事があって、ご飯が食べれそうにないときに使います。


他にも、色々ありますが、今回はこの3点にしておきましょう。

補語は、奥が深く、私も日々勉強中です。
自由自在に会話で使えたらいいですね。

また、今天的作业は、
「中国人に出身地や趣味を聞いてみよう!」です。

長くなってしまいましたが、今日のポイントは以上です。
お疲れ様でした。
このレッスンノートを書いたコーチ

大連に留学後、中国語の外国語教育学修士を取得。地理・歴史の教員免許も

話そう!中国語
中村剛和 (中国語)

武蔵浦和・南浦和・赤羽・浦和・さいたま新都心・大宮・東大宮・戸田公園・北与野・上尾・...

レッスンノート ページ先頭へ

中国語情報

サイタの中国語講師がブログを通して、中国語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

中国語の先生

@ChineseCyta