サイタダンス教室バレエ教室クラシックバレエ 東京 Sakura Ballet School レッスンノート バリエーションクラス

バリエーションクラス

クラシックバレエ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ガムザッティのバリエーション
第3部分に分けて行いました。
(第1部分)
①動きについて
シソンヌトンベで踏み込んだ左足から、パクリュ(3歩)が始まります。
トー1の音から左足-右足-左足3歩踏み、グランジュッテ・アラセゴン(横)へ動脚を放り投げしょう。
着地は、ランベルセの体です。
(ランベルセの体については、前回のレッスンノートに記入した通りです。)

②手
両手2番から、直接ポーズへ
または
両手2番の後1番を通りポーズへ
この2種類があります。
(バレリーナによって、様々ですので、好きな方を選んで大丈夫です。)

③動きの道
この動きは、回りながら横へ移動していく難しい動きです。
頭と目がつかなければ、すぐに目は回り、進む道も乱れてしまいます。
そのため、いつも行く方へ頭と目線が先行していくことは大切です。
一本の道を、頭にインプットし、パクリュ・ジュッテしてみてください。

④体から動く
いつもの法則です。
脚からではなく、体(=上体・腰)から、パクリュの3歩、グラン・ジュッテで高いジャンプをしてみてください。


(第2部分と第3部分)
ここでの、共通課題は、デガジェ・トゥール・アンドゥオールです。

①動きについて
1.デガジェはいつも、[乗り越える]動きの要素があります。プリエ(右脚)から、クペでトゥールに立つ瞬間、左足へ体の重心を乗り越えましょう。
2.動脚の位置
パッセ(膝まで)、または高いクドゥピエ(膝下あたりに)どちらでも大丈夫です。
3.回転の法則
①(前回のバリエーション)ガムザッティの斜めのピケ同様に、反対脇で、毎回2の方向まで、体を送りましょう。
②アンドゥオールのトゥールです。
動脚側の開いた腰の勢いをつけて回ってみてください。

以上が本日のレッスン内容です。
このレッスンノートを書いたコーチ

モスクワでバレエを学び、帰国後は公演や指導で活躍。初心者歓迎のレッスン

目的・種類別にクラシックバレエ教室・スクールを探す

新着レッスンノート

本日のレッスン内容です。 1.バレエ の姿勢 2.ドゥミ・プリエ 3.上体の屈伸(横へ) 4.パ・ルルベ 1.バレエ の姿勢 ①バレエ の姿勢は横から見た時に、 [頭ー背中ー脚ー踵]までが一直線のラインになります。 重要なことは、いつも体の上から姿勢を整えていくことです...

本日のレッスン内容です。 ミルタのバリエーション 今回は、第3部分と第4部分を行いました。 [第3部分] ①体と手 クロワゼ(8の方向)からクロワゼ(2の方向)までです。 手は両手クロスから、第3アラベスクまでになります。 ②立ち方 ピケとプリエ・ルルベを交互に行います。 ...

本日のレッスン内容です。 第2部分に分けて行いました。 第1部分 ①動きについて シソンヌアラベスクの後、カブリオールし、シャッセから第1アラベスクします。 トー1でカブリオール トー2 でアラベスクに立ちます。 ②上体 2と6の方向へ交互に行きます。 頭と体が次行く方向...

本日のレッスン内容です。 1.バットマン・タンデュとバットマン・ジュッテ 2.バットマン・フォンデュ(後ろへ) 単独で動きを学んでいきます。 3.(ロンドゥ・ジャンブ・パールテールの) プレパレーション 4.第3ポールドブラ(目線と一緒に) 1.バットマン・タンデュとバッ...

本日のレッスン内容です。 1.片手バーのプレパレーションと終わり方 2.片手バーで行うドゥミ・プリエ 3.パドゥブーレ(アンドゥオールとアンドゥダン) 4.バランセ 1.片手バーのプレパレーションと終わり方 ①動きについて このプレパレーションと終わり方は、第1ポール...

レッスンノート ページ先頭へ

クラシックバレエ情報

サイタのクラシックバレエ講師がブログを通して、クラシックバレエ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!