サイタダンス教室バレエ教室クラシックバレエ 東京 Sakura Ballet School レッスンノート 第1学年クラス

第1学年クラス

クラシックバレエ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日のレッスン内容です。
1.第5ポジションから行うバットマン・タンデュ
全ての方向へ
(背中と重心を感じるために、動きの最後、脚を入れ替えた第5ポジションに終わります。
2.ルルベ(第5ポジションで)
プリエからプリエまで
(3つ目の練習方法です。)


1.(第5ポジションから)
バットマン・タンデュ 全ての方向へ
①体の重心
いつも、体の重心は、軸足(後脚)の上にあります。
今日行なったように、動きの最後のポジションが、左前5番に入れ替わる時、背中の位置も、左軸足の上から、右軸足の上に乗り越えるように、体で感じみてください。
この重心移動は、色々な動き、ドゥミ・ポアントでのバランスにもとても役立ちます。

②片手バーでも、この動きに慣れてきました。
軸足、上体保ったまま、動脚の付け根を良くアンデオールにさせながら行なっていきましょう。


2.ルルベ(第5ポジションで)
第3種類目の練習方法
プリエからプリエまでで、この動きを行いました。

①第5ポジションで、軸足に向かって、背中を垂直に下ろしながら、正しいプリエをします。
正しいポジションを保ったまま、両足で5番に飛び立ちます。
最後は、柔らかいプリエに着地します。
ルルベは、軽く飛び立つように行いますが、プリエは柔らかく、深く行いましょう。

②プリエから、ルルベに立ち、着地まで、ずっと背中は軸足の上にあります。
正しく、軸足の上に上体を乗せることができれば、ドゥミ・ポアントでのバランスも難しくありません。
今後も両手バーで復習しながら、ルルベを習得していきましょう。


以上が本日のレッスン内容です。
このレッスンノートを書いたコーチ

モスクワでバレエを学び、帰国後は公演や指導で活躍。初心者歓迎のレッスン

目的・種類別にクラシックバレエ教室・スクールを探す

新着レッスンノート

本日のレッスン内容です。 1.片手バーで行う動きのプレパレーションと終わり方 2.クドゥピエ 1.片手バーで行う動きのプレパレーションと終わり方 ①動き 動き自体は第1ポールドブラと同じであり、片手がバーに添えただけの違いです。 ②課題 上体を保ったまま、動く手の方を...

本日のレッスン内容です。 1.ドゥミ・プリエ 2.ロンドゥ・ジャンブ ・パールテール (第3ポールドブラと一緒に) 3.バレエの方向 1.ドゥミ・プリエ 久しぶりのプリエでした、開いた付け根から、[バレエの座る]が良く行えていました。 ①課題 上体と頭がまっすぐに[1の...

本日のレッスン内容です。 1.ドゥミ・プリエ 2.ロンドゥ・ジャンブ ・パールテール (プリエと一緒に) 3.バランセ(ワルツステップ) 1.ドゥミ・プリエ ①上体を保ったまま、背中で正しいプリエができていました。 久しぶりのレッスンでもできているのは、法則を良く理解さ...

本日は、今までの動きを一通り行ってみました。 第1学年で一番大切な、上体を保ったまま動脚だけで動き、美しいポールドブラを行うことが、忘れずにできていて、とても良かったです。 次回からは第1学年の後半部分の課題も入れながらレッスンしていきたいと思います。

本日のレッスン内容です。 1.バレエ の姿勢 2.ドゥミ・プリエ 3.上体の屈伸(横へ) 4.パ・ルルベ 1.バレエ の姿勢 ①バレエ の姿勢は横から見た時に、 [頭ー背中ー脚ー踵]までが一直線のラインになります。 重要なことは、いつも体の上から姿勢を整えていくことです...

レッスンノート ページ先頭へ

クラシックバレエ情報

サイタのクラシックバレエ講師がブログを通して、クラシックバレエ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!