サイタダンス教室バレエ教室クラシックバレエ 千葉 森川悠子クラシックバレエレッスン レッスンノート 8/18レッスン振り返り

8/18レッスン振り返り

クラシックバレエ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンのご受講、ありがとうございました^^

両手バーにて軽く姿勢をチェックしていくところからスタートさせて頂きました

①プリエ
骨盤の傾き(腰骨の向き)に要注意でした
骨盤が前傾してお尻が後ろに出っ張ると、肋骨が前に飛び出てバランスを取るようになってしまうのでした
骨盤をまっすぐに保ち、背骨を長く使うことが大切です
グランプリエ→ドゥミプリエを行きも帰りも必ず通過するため、かかとが浮いたままにはならないようにします

②タンデュ&ジュッテ
足を出す時と戻す時、同じ軌道を通ります
片足を動かしたと同時に、軸足を支える骨盤の位置が下がらないのでした
つま先は細く長く使います

③ロンデジャンブアテール
「床に円を描く」という意味のパ(ステップ)です
股関節の可動域を滑らかにひろげていくためのエクササイズです
コンパスになった気分で、軸の骨盤を高く保ち、動足に引っ張られることなく、できるだけ半径の長い半円を描きます

④ルティレ
「引っ込める」という意味
「パッセ」と表現されることも多いです
つま先の向きが内向きになりやすいので注意です

⑤リンバリング
足をバーの上にのせて行うストレッチのことを指します


~アンシェヌマン(パとパを組み合わせたコンビネーションのこと)のおさらい~
※ピケ(突き刺す)第一アラベスク(右手前、左足が後ろに上がる)

※ファイイ(背くという意味)左手はグルっと回って前へ、左足が1番ポジションを通過して大きく進行方向に一歩踏み込む←「背中」と表現していましたが、正式にはこういう名前です

ピケアチチュードからそのままピルエットアンデダンのプレパレーション(準備)
少し大きめの4番ポジションで、後ろ足は曲がらず伸ばすこと

アンデダン(内側という意味)ピルエット
左足前のルティレの形で回る
左足前の5番ポジションに降りる

後ろ足(右足)を大きく一歩出して、バランセ(揺れる・揺らすという意味)を右と左

右足を進行方向に、トンベ(落とすという意味)パドブレアンデオールピルエット
2回目はルティレにしていた足を後ろアチチュードにしてバランスをとって終了


どうでしょうか
パの名前と実際の動き、結び付いてきそうですか^^
かなり内容の濃いアンシェヌマンですが、焦らず、ひとつひとつをクリアーにしていけると良いですね^^
このレッスンノートを書いたコーチ

講師として、多くの初心者を指導。最初の一歩に寄り添う、やさしいコーチ

目的・種類別にクラシックバレエ教室・スクールを探す

新着レッスンノート

こんばんは^^ レッスンノートの記入、遅くなりまして申し訳ありません サラサラとバーレッスンをやるというよりは、身体をしっかりとほぐして動かして筋力アップ、を目指したいのでした 特にお尻、上半身です お尻はスクワット、片足スクワット、四つ這いでのエクササイズ 上半身は肩をしっかり...

レッスンありがとうございました 毎回、色んな角度からアンデオールについてや体幹についてなどを説明しますが、どうぞその中で一番自分にピンとくるものをチョイスして実践してみてください 特に腹横筋を意識できるエクササイズやお尻を使うエクササイズは必要かなと思います テクニックに反映させることは...

引き続き、基礎的な身体にことを確認しつつ、踊りの振りをひとつずつみていきました シンメトリーな振り付けを何度もこなすことで、バランスよく身体も使えますし、また動きを身体に落とし込んでいけるので、ナイスチャレンジですね! ジャンプもので、腰のあがる感覚が少しでもつかめるとよいですね ...

レッスンお疲れ様でした! バーからピルエットにいたるまで、すべての動作において、お尻の感覚を感じ続けること、甘くならないことを念頭にレッスンを行いました グランプリエでは、骨盤が膝よりも下にはいかないこと、2番ポジションの歩幅をいつもよりもせまめに取り、股関節よりは足関節へのアプローチ...

スタジオを冷え冷えにしていて頂いてありがとうございました^^ 今日は、お尻強化のエクササイズを多めに、バーレッスンで感覚を確認しながら進めていきました どの動きにも共通していえることは、床に接している方(軸足)の足裏、お尻を強く保つことでした バーレッスンではバーの力を少しだけ借...

レッスンノート ページ先頭へ

クラシックバレエ情報

サイタのクラシックバレエ講師がブログを通して、クラシックバレエ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!