サイタダンス教室バレエ教室クラシックバレエ 東京 Sakura Ballet School レッスンノート 第1学年クラス

第1学年クラス

クラシックバレエ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日のレッスン内容
*第五ポジションへの立ち方、軸足の置き方と重要性
*第五ポジションから行うドゥミ・プリエ、バットマンタンデュとジュッテ
*手のポジション
(準備のポジション、1番、2番、3番)
全て手のポジションは、この4つのポジションから発展します。
*第1ポールドブラ


1.
今日行ったように、5番ポジションに立つ時、開いた軸足を置いてから、必ず前足を置きます。
この状態から、全ての動きが始まります。
特に、プリエは軸足を感じやすい動きだと思います。
意識的に常に、軸足(後ろ足)を感じ、踵を押しながら、背中でドゥミ・プリエをゆっくり行いましょう。
反復して行うことで、柔軟でで強靭な股関節と軸足に変化していきます。


2.第1ポールドブラ
今日は6つあるポールドブラの中から、第1ポールドブラを少し実践に取り入れました。
体は微動だせず、手、頭、目、首を連動して行います。

一つ目の大事なことは、指先からポールドブラを行います。
表現豊かな動きになるためです。

二つ目は、必ず動く手の方に頭が向きます。
この時、体は動く手に影響されないことが注意事項です。

三つ目
うつろな目ではなく、はっきりした目線で行います。


ポールドブラは、片手バーから行う時のプレパレーションと全く同じ動きになるので、とても重要になります。
今後はバーとセンターでも取り入れながら行っていきましょう。

動きが増えていきますが、一つ一つの法則を土台に置きながら発展していくので、混乱することはそれほどないと思います。
新たな発見が常にあることが、このメゾットの面白いところです。

今後も楽しみながら、ワガノワメゾットを習得していきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

モスクワでバレエを学び、帰国後は公演や指導で活躍。初心者歓迎のレッスン

目的・種類別にクラシックバレエ教室・スクールを探す

新着レッスンノート

本日は体験レッスン受講していただきありがとうございました。 今回のレッスンノートをお送りいたします。 お時間ある時に、レッスンを振り返っていただけたら嬉しいです。 1.バレエの足のポジション、立ち方 2.重心の置き方 とドゥミ・プリエ 1.バレエの足のポジション ①...

おはようございます。 昨日は、体験レッスン受講していただきありがとうございました。 今回のレッスンノートをお送りいたします。 お時間ある時に、レッスンを振り返っていただけたら嬉しいです。 1.バレエの足のポジション、立ち方 2.重心の置き方 とドゥミ・プリエ 1.バ...

体験レッスン受講していただきありがとうございました。 本日のレッスン内容お送りいたします。 1.バレエの足のポジション、立ち方 2.重心の置き方 とドゥミ・プリエ 3.回転 1.バレエの足のポジション ①付け根から開いた1番、2番ポジションは一直線上に、4番、5番ポジションの場...

本日は、体験レッスンお疲れ様でした。 レッスンノートをお送りいたします。 是非、復習にお役立て頂ければ幸いです。 1.パ・ルルベ(ポアントで) ①ポアントの立ち方と着地 【軽く飛び立つ】ようにポアントに立ち、【軽く飛び降りる】ように着地しました。 もちろん、アダ...

本日のレッスン内容です。 1.バットマン・タンデュ(頭と一緒に) 2ルルベ・ランからアラベスクへ 3.パ・グリッサード(前と横へ) 1.バットマン・タンデュ (頭の付け方を学びました。) ①動脚が前と後にある時 頭は横へ、2番手の方につけます。 ②動脚が横にある時 頭...

レッスンノート ページ先頭へ

クラシックバレエ情報

サイタのクラシックバレエ講師がブログを通して、クラシックバレエ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!