サイタダンス教室バレエ教室クラシックバレエ 大阪 眞央のクラシックバレエ教室 レッスンノート 決選に向けての細かい注意

決選に向けての細かい注意

クラシックバレエ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

踊りに関して、実際DVDを見て、舞台上での見え方を確認し、細かい部分を注意していきました。

最初の回るところは同じ軸で足を変えるようにしてみて下さい。
走ってポーズはいつまでも走らずに早目にポーズ、
次の足を上げながら斜めに進んでいく所は上半身をなるべく下から使って、
アントラッセの後のアチチュード〜前デブロッペは、斜め前向きに入って、左の脇で立ってそのバランスのまま足を変えるように。
ソデシャは前のつま先を意識して伸ばすこと、
5番しっかりしてからアチチュードで止まる、
次のパドブレは目線少し下に使って細かく。

呼びかける所は二階に向かって。
リアルに二階の位置を見ること。
後ろから前に足を上げていく時も、上半身下から使って下さい。
特にアンナバンを下めにした方が良いです。
パドブレは股を開かないこと!

アチチュードは手をしっかりキメる!止める!こと。
最後のマネージは、なるべく手を下げて、シェネはストゥニューの連続と思ってすること、
最後のアンデオールは上体前で立つだけ、ぐるぐる回りはしないこと、
最後のポーズはメリハリをつけて止まってゆっくり2秒。
そこから笑顔で会釈するように軽やかに退散して下さい。

踊りについての注意は以上です。
伸び伸びと踊れてはいるので、その点は賞に入りやすいと思います!
なので、あと一息、頑張ってつめていって下さいね◎



踊り以外では、
お衣装をお母さんに直してもらうこと、
股ゴムをつけること、
袖を抑えること、
スカートと白パンツを3点縫うこと、
髪の毛を切ってすくこと、
平ゴムで髪の毛を結うこと、
お団子を大きなUピンでえぐるように止めること、
襟足を剃ること、

けっこうたくさんありましたね笑

全部できたらきっと賞に食い込めるハズ!
テスト勉強もあると思うので、短い時間で集中して稽古して、舞台に備えて下さいね。
応援しています!
質問などあったらいつでも連絡して下さい!
このレッスンノートを書いたコーチ

全国コンクールで1位!遅咲きの先生だからこそ初心者の気持ちを優しく理解

目的・種類別にクラシックバレエ教室・スクールを探す

レッスンノート ページ先頭へ

クラシックバレエ情報

サイタのクラシックバレエ講師がブログを通して、クラシックバレエ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!