趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 構図のポイントについてレッスンさせていただきました

構図のポイントについてレッスンさせていただきました

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスン、楽しんでいただけましたか?

今回は、

1:
構図のポイント

2:
レンズの特性

3:
カメラの設定

を中心にレッスンさせていただきました。


まず、構図に関して、
今までお撮りになった写真を見せていただきながら
構図のポイントについてレッスンさせていただきました。

見せていただいた写真は、

どれも、
ピントも露出もしっかりしていて、
とてもステキな写真でした。

その中で気づいたことは、

画面に中に見せたいものがいっぱい入っていることでした。

ステキな風景の中にいると、
アレもこれも気になって画面に収めたくなりますが、

できるだけ欲張らないで、
見せたい主役をひとつに絞って、
そこを主人公に構図をまとめたほうが、

撮りたかったもの見せたいものが何かが伝わります。

風景も、お料理の写真も、
メインディッシュをしっかりと主役に!
脇役は、ボカすか、大胆にカットして、

誰がみても、主役がなんなのかわかる写真を目指しましょう!


次に、

レンズのお話ですが、

カメラを覗きながら、ズームレンズを動かすと、

広く写ったりアップになったりと、
広角や望遠に視界が変化します。


ここで重要なポイントは、

広角レンズは、
広く写る分だけ遠近感が出たりカタチがゆがみ、

望遠レンズは、
アップで写る以外に、ピントの合う範囲が狭くなる特性があります。

広角レンズを使う時は、
意図しないゆがみに気をつけることが大切です。

遠近感を強調する時は良いのですが、
モノのカタチをキレイに忠実に写真に撮りたい時は
少し望遠側にするほうが良い結果になります。


そして、
望遠レンズ側で撮影する時は、
ピントの合う範囲が、広角レンズよりも狭くなることも意識しましょう。

そして、
ピントは、あわせようとする位置が近ければ近いほど、
ほんの少しのズレでピントがボケてしまうので気をつけましょう。


最後に、カメラの設定ですが、
カメラの後ろの『Q』ボタンを押すと、
様々な設定変更ができるようになっています。

気にされていた、
室内撮影の時にオレンジ色っぽく写ることですが、
ホワイトバランスの設定で改善することができます。

AWBの表示になっている部分を選んで、
いろいろなマークの中から、電球のマークに変更すると、
オレンジ色っぽさのない写真が撮影できます。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ20年、本や広告で写真と文章を担当。普通のカメラだって撮り方次第!

あら、簡単!楽しい写真&カメラ講座
川上博司 (カメラ)

渋谷・新宿・立川・西国分寺・吉祥寺・三鷹・国分寺・市ケ谷・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・武...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta