趣味の習い事カメラ教室レッスンノート カメラのダイヤル書かれているモードについて

カメラのダイヤル書かれているモードについて

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

写真を綺麗に撮るためには、基本となる幾つかの知識が必要です。そんなに沢山はありませんが、これらを知って撮るのと知らずに撮るのとは写真の質が全く違ったものになります。ジックリ勉強しましょうね!

今日のレッスンを簡単に復習しておきますね。
①ホワイトバランス・・・・・被写体は色んな光源によって照らし出されていますが、その光源による色カブリ(例えば、白熱灯で照らされている物体は写真に撮ると見た目よりも赤味がかって写ります)を補正して、正しい色調に戻すことをホワイトバランスをとるといいます。当面はAUTOで撮影するようにしますが、どうしても気になる被写体があればカメラのホワイトバランスを変更してみて下さい。そして撮影を終えたらAUTOに戻しておくことをお忘れなく。忘れるとそれ以降の写真の色が・・・よくあることです(笑)

②適正露出・・・・・綺麗な発色の写真を撮るためには、カメラに一定量の光を取り込む必要があり、この光量のことを適正露出といいます。少ないと薄暗い濁った色の写真に、多いと白っぽい感じの写真になります。
この適正露出を得るための機構として「カメラ本体のシャッターとレンズの絞り」を組み合わせて撮影します。シャッタースピードはシャッターが開いて光を通過させる時間のことで1/XXX秒と表現し、分母の数値が大きいほど開いている時間が短くなります。絞りは羽の動きによって中心に出来る穴の大きさで通過させる光をコントロールしF値で表現します。数値が大きいほど穴の大きさは小さくなります(判り難いですね--笑)。同じ光量を得るためには、シャッタースピードとF値は逆比例的な関係にある事も覚えておいて下さい。
③撮影モード
・P(プログラム)オート・・・・シャッターや絞りの値をカメラが自動的に決めてくれるモードで、失敗なく撮れますが撮影者の意思が反映されない欠点があります。
・A(絞り優先)オート・・・・絞りのF値を指定すれば、適正露出を得るためのシャッタースピードはカメラが自動設定します。次回勉強しますが被写界深度といってピントが合う奥行きをコントロールします。
・S(シャッタースピード優先)オート・・・・シャッタースピードを指定すれば、絞りのF値はカメラが自動設定します。主に動体の撮影時によく使います。
・M(マニュアル)・・・・シャッタースピードと絞りのF値を手動としてセットするモードですが、カメラ内蔵の露出計の精度がよくなった今では、余程マニアックな写真やクリエイティブな写真を撮るとき意外はあまり使わなくなりました。

ここで時間切れでしたね、次回をお楽しみに!
このレッスンノートを書いたコーチ

これまで7回個展を開催。ちょっとした上達のコツであなたを名カメラマンに

カメラで楽しむ「はんなり」写真塾
前田昭男 (カメラ)

梅田/大阪・天王寺・京橋・天満・難波・近鉄日本橋・大阪上本町・北浜・淀屋橋・豊中・天...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta