趣味の習い事カメラ教室レッスンノート コンパクトカメラのオートで、より良い写真を撮るコツ

コンパクトカメラのオートで、より良い写真を撮るコツ

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスン、楽しんでいただけましたか?


今回は、

コンパクトカメラのオートで、より良い写真を撮るコツ
をお話ししました。


ポイントは、

1.
ピントとブレ

2.
広角レンズと望遠レンズ

3.
オートでの明るさ調整


3点です。




まず、

1.
ピントとブレ
ですが、

コンパクトカメラの場合、
特性として、ピントが比較的深くあうので、

人物撮影などの場合、
人物のカラダや顔など、
目的の部分にオートフォーカスの枠が来ていて、
カメラが正常に機能していれば、
ほぼ、人物の全体にピントがあっています。

ですが、
何となく微妙に顔のピントが甘く感じたりすることがあります。

そういうときの要因は、
多くの場合、『ピントよりもブレの可能性』が高いです。

カメラの手振れ補正や、
三脚や一脚などで、
カメラ側でのブレを慎重に防いでも、

ブレには、もうひとつ、

『被写体ブレ』があります。

その名の通り、
被写体が動くことによるブレです。

少しでもブレると、
ぼやっとした見え方になるので、
ピントが甘く感じますが、
ピンボケとは違う原因なのです。

人物撮影の際は、
ブレないシャッタースピードで撮影するために、
できるだけ明るいところで撮影するように心がる
などして、
ブレない条件で写真を撮るようにしましょう。


次に、

2.
広角レンズと望遠レンズ

ですが、

ほとんどのカメラは、
レンズのズーム機能がついており、

同じ場所に居ても、
遠くのものを大きく写す望遠レンズ機能がついています。

ズームは、
風景を広く写したり大きく写したりする機能
がありますが、

その他に、
広角は、広さや奥行きを表現する、
望遠は、被写体のカタチをきれいに写す

という性質があります。

試しに撮り比べていただいた通り、
画面上に同じような大きさでモノを写す場合、

広角よりも、望遠で撮影したほうが、
歪みが少なく写ります。

人物やモノをきれいに写したいときは、

広角で、近づいて撮影するよりも、
『望遠で、少し離れたところから撮影』するほうが、
見た目に近い写真が撮れます。


風景撮影するときは、

広角で、
『広がり感や画面のバランスを意識』しながら撮影してみましょう。




そして、

3.
オートでの明るさ調整

ですが、

カメラのオート機能は、
ムツカシイ事を考えなくても、
できるだけきれいでバランスの良い写真が撮れるように、
カメラが、
ピントや明るさを調整してくれる機能です。

が、
時にはカメラの判断が、
自分の思うイメージとは異なる場合があります。

そのような時に、
いろいろ調整できる機能がカメラにはついています。

その中で、
今回お悩みの、

思ったような明るさに撮れないときがある場合、

露出補正という機能を使ってみましょう。

まずは、
メニュー画面から、
『+/-のマークのモード』を探します。

そこを、
+側に調整すると、明るめに写るようになり、
-側に調整すると、暗めに写るように調整できます。


この3つを意識して身につけて写真撮影に臨むと、

コンパクトカメラでも、
さらに素敵な写真が撮れるようになります。


是非挑戦してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ20年、本や広告で写真と文章を担当。普通のカメラだって撮り方次第!

あら、簡単!楽しい写真&カメラ講座
川上博司 (カメラ)

渋谷・新宿・立川・西国分寺・吉祥寺・三鷹・国分寺・市ケ谷・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・武...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta